日曜日の例会

294 名前:NPCさん[sage] 投稿日:2007/11/09(金) 01:30:34 ID:???
じゃあ、このゴタゴタに乗じて、報告を。
最初に言っとくが、これは「困ったちゃん」の報告ではないぞ。
俺が「困ったなあ・・・・」って感じの、ただそれだけの報告だ。

俺のサークルにAさんという、まあ年齢も比較的高く、ちゃんと働いていて、
妻子もいて、奥さんもゲームに理解のある、っていう理想的な人がいた。
(TRPG経験年数も長いし、GM・PLとしても申し分のない人だ)

ある日、うちのサークルにBという女性が新規参加を申し込んできた。
単にゲーム好きで、面子がいなくなったので、という理由で、うちを選んだのも
まるっきり偶然だった。
で、初顔合わせのとき、AさんとBさんの様子がオカシイ。
二人の態度からして、「過去に深い仲になった」らしいのだ。
周囲もそれを察して、なんだか気まずい感じになったのだが、さすがに二人とも大人。
それ以降はそんなそぶりを見せずに、まるっきり他人のように遊んでくれていて、
他のサークルメンバーは胸を撫で下ろしていたんだ。



295 名前:NPCさん[sage] 投稿日:2007/11/09(金) 01:31:33 ID:???
で、先日。俺は個人的にAさんのうちに遊びに行ったんだ。
奥さんとも顔見知り(というか仲良し)な俺は、冗談めかした奥さんの愚痴を聞いた。
「この人いつもゲームにいってばっかりで・・・・(中略)
 毎週毎週、日曜日(のサークル例会)は夜遅くまで帰らないし・・・」

???
あれ?
サークルの例会って、18時には終わるよなあ。
その後みんなで食事でも、って誘ってもAさん
「いや、俺は子供も待ってるし(w」とかいっていなくなるよなあ・・・・
そういえばBさんもすぐに帰っちゃうし・・・・

そのとき俺は、こう、何か目に見えない圧力を感じたね、Aさんの笑顔から。
そして俺は圧力に負けて
「あはははは、スイマセンいつも遅くまでw」orz
まあ、誰の迷惑でもない限り、俺も他人の事情にまで首を突っ込みたくなかったんだ。



ただ、誰かにしゃべらないと、胸の中にこう、なんかドス黒いものがつっかえてさあ



スレ143