落丁ドクターウエスト

25 名前:1/6[sage] 投稿日:2008/01/19(土) 17:39:32 ID:???
別の鳥取に出張して出会った困ったちゃん話。
システムや用語やキャラ名や人名はぼかしてある。
長いので注意。

バイト先の同期A子がTRPGやってるっていうんで、次のセッションで混ぜてもらうことになった。
とはいってもA子以外は全員野郎だ。
コンベならいざしらず、よその鳥取に混ざるのは初めてなので、そっちのほうが気は楽だった。

セッション前日、A子が風邪でダウンしたと連絡してくる。
セッション当日、俺一人でA子以外の鳥取面子に合流。
一人を除く全員は俺やA子と同じ年で、一人だけ三つくらい上。B原というらしい。
第一印象はまあ、みんな普通の人っぽかった。

初対面同士であいさつしあったりして、つつがなくセッションに入る。
GMはくだんのB原さん。
内容は何の変哲もないダンジョンハックシナリオだった。
会話しそうなNPCはほとんど出てこず、PCもすぐ分断される。
ロールプレイをしてリソースを稼がないと戦闘がキツいシステムだと聞いたことがあるのだが、地獄のように会話がない。
仕方なく独り言を言い続けたりモンスター相手に啖呵を切りまくったりする俺たち。
それでもチットは一枚たりとも飛んでこない。
沈んだ空気の中、初期チットをPL同士で飛ばしたり飛ばされたりして差し引き0のままラスボスへ。


26 名前:2/6[sage] 投稿日:2008/01/19(土) 17:40:07 ID:???

B原:ラスボスでーす♪

某ゲームのマッドサイエンティストキャラの絵がそのまま出される。

B原:あ、名前はC博士(キャラそのまま)ね。元ネタ知らなくても大丈夫だよ、中身はオリジナルだから。

元ネタは知ってるけどなぜか大丈夫な気がしなかった。
何にせよここでGMが初めてロールプレイをし始める。俺たちも喜び勇んでしゃべりまくり、ようやくある程度のチットを貰える。
さらにはC博士ネタの雑談で盛り上がり(全員元ネタはわかってるらしい)、PL発言にさえチットが飛ぶ始末。
貰ったチットを即座に注ぎ込んで、なんとかC博士をくだす。

B原:エンディング入ります。C博士は蘇生して逃亡しました。
俺:追い掛けます。
B原:いや、それされると困るんだよねえ。
俺:わかりました、続けてください。

そんな会話を挟んで穏便にシナリオ終了。経験点もやたら多めにもらってC博士様様だった。


27 名前:5/6[sage] 投稿日:2008/01/19(土) 17:48:18 ID:???
B原:C博士登場! 将軍を殴り付けて黙らせるよ! データとりたいから戦ってよし!
D:了解!

Dの反応は素早かった。
A子を除く全員がげらげら笑いながらB原めがけてチットを投げる。
これはさすがに想定外らしく、A子は困った様子で手元のシナリオをにらみつけている。

A子:あの、そんなことしたらさすがに射殺されると……
B原:C博士が撃たれて死ぬわけないじゃん。判定してみる?
A子:……Dさんはモンスターと戦ってください。他のひとたちも登場可です。
B原:じゃあC博士が。
A子:不許可です。ダメです。そんなことしたらボスに回避不能の瞬殺特技生やします。

メタな脅しで戦闘は平和に開始。合流した俺たちは一気にクライマックスへ。

で、セッション終了後。

B原:C博士がいなかったら危なかったね!
A子:そうですか(絶対零度)。
D:いやまじ危なかったっすよw どうしようかと思った。
E:C博士が全部持っていきましたね!
俺:B原さんのキャラほとんどしゃべりませんでしたねw
B原:C博士がいなかったらチットがやばかったわw みんながえこ贔屓しなくてよかったw
A子:……


28 名前:6/6[sage] 投稿日:2008/01/19(土) 17:48:51 ID:???
A子はそれからもよく誘ってくるが、B原さんとはあまり一緒に遊んでいないようだ。
まあ、何だ、特にB原を止めなかった俺が一番の困ったちゃんでいいです。

29 名前:NPCさん[sage] 投稿日:2008/01/19(土) 17:50:00 ID:???
3ト4ガナイヨ?

30 名前:NPCさん[sage] 投稿日:2008/01/19(土) 17:50:21 ID:???
市民、その情報はあなたのセキュリティクリアランスでは見えないようだ。

31 名前:NPCさん[sage] 投稿日:2008/01/19(土) 17:54:40 ID:???
なんという落丁



スレ147