恋愛RPでのトラウマ

388 名前:報告者[age] 投稿日:2008/02/12(火) 23:57:35 ID:???
恋愛RPは困だというのに同意する。
それも最上級の困だと思う。
何故ならば、アップルちゃんでさえネタになるし、後になれば笑える。
しかし、恋愛RPはトラウマになるし笑えない。

富士見文庫版SWが全盛だったころに俺がGMでキャンペーンをやってた時の事。
キャンペーン最終盤龍の巣に突撃する直前の話。
そこに辿り付くまでにMP使いつくしたパーティは、龍が逃げるわけじゃなし一晩休む事にした。
ラストという事もあって、GMもPLも既にイレコミ気味のテンションでクサRPも許容範囲って空気。
そんな空気感の為PCは、明日死ぬかもしれないと悲壮感溢れたRPをはじめ酒宴を張った。

女半エルフ「GM。若旦那と二人っきりで話がしたいんだけど誘える?」
GM「ん?ああいいよ。」
女半エルフ「そう。じゃ若旦那、話があるんですけど、こっちに来て下さる?」
若旦那「なんですか?」
女半エルフ「これまで私達に協力して下さってありがとう。」
女半エルフ「結果としてあなたの気持ちを利用する事になってしまってごめんなさい。」
若旦那「いえいえ。私が望んでやった事ですから。それに私も楽しかったですし。」
女半エルフ「お礼というわけじゃないんですけど、今夜抱いて下さらない?」
若旦那「へ?」
女半エルフ「私達明日生きてるかどうかわからないのよ?ねぇ抱いて?」
若旦那「・・・・・・」
・・・・その後は察してくれorz

女半エルフは男PLな。そして若旦那は俺が出したNPCな。
パーティの世話を焼かせたり、情報を出したりするありがちなNPCだった。
協力する理由付けとして、女半エルフに気がある事にしたのがいけなかった。
あれから二度と恋愛RPなどするものかと思って今日に至る。

389 名前:報告者[sage] 投稿日:2008/02/13(水) 00:00:14 ID:???
追記

女半エルフのPLは180オーバー0.1t肥えの先輩。
顔はあばた面で少しアニオタ入ってた。

393 名前:NPCさん[sage] 投稿日:2008/02/13(水) 00:19:18 ID:???
>>388
乙。
でも正直事故とも違うし別に困ったちゃんでもない気がする。

でも、戸惑う気持ちはよくわかったw

394 名前:NPCさん[sage] 投稿日:2008/02/13(水) 00:20:57 ID:???
18禁演出と恋愛RPは違う件について

395 名前:NPCさん[sage] 投稿日:2008/02/13(水) 00:21:33 ID:???
嘔吐をこらえて、PLのヲナに付き合った>>388は良いGM。

・・・無理しやがって。

396 名前:NPCさん[sage] 投稿日:2008/02/13(水) 00:28:53 ID:???
いや若気の至りつうか、その頃はリアル志向でやってたんだよ。
若旦那の理由付けだって、ご都合主義をなるべく薄めようと思って考えたんだし。
そうなるとキャンペーン途中の恋愛RPでも若旦那が積極的じゃないとおかしいわけだろ?
まさかPLが乗ってくるとは思わなかったんだよな。

405 名前:NPCさん[sage] 投稿日:2008/02/13(水) 01:02:56 ID:???
上がりきったテンションでエンディングに入ったりすると、
恥ずかしいセリフややり取りがごく自然に出てくるから困ったもんだ。
で、後日悶絶するのな。

409 名前:NPCさん[sage] 投稿日:2008/02/13(水) 01:07:13 ID:???
>>405
スゲー良く分るw
キャンペーンのファイナルは本当にヤバイ。
一年とかかけてやってきてるだけにリアルに長い旅してきた感や、
現実の生活時間でも一区切り感があるしな。
最後にその後のPCとか、思いでの場面とか語ったりとかな。


スレ156