なんとなくいい魔族

701 名前:NPCさん[sage] 投稿日:2008/02/19(火) 04:47:34 ID:???
じゃあ小話をするよ。

さる富豪の家から魔族によって盗まれたアイテムの奪還が今回の仕事だった。
魔族の館に乗り込んだ我々は、ついにボスの部屋へたどりつく。
ボス(魔族)「ガハハ、このアイテムを返してほしくば勝負だ!」
倒した。
戦士「じゃあトドメさすか」
ボス「まぁマテ、俺はいい魔族だからこのアイテムは返してやる。もうしません」
戦士「えー、でも魔族の言うことだし、信用できない。トドメさすよ」

GM「おい待てよ。魔族だから信じないって差別じゃないのか?」
PC「でもこの世界の魔族って悪の代名詞だし、前フリもなくいきなり信じろって無理」
GM「いやこの魔族はいい魔族なんだよ。だから信じてあげて」
PC「いきなり信じられるほどお人よしなキャラじゃない」
そこにお人よしな僧侶が歩み出て、とりあえずボスの言うことを全部信じはじめた。
僧侶「そーですかー、いい魔族さんなんですねー」
ボス「うん。じゃあアイテムかえすね」
僧侶「いーひとみたいです」
仲間たち「・・・」
こうして我々は無事にアイテムを奪還したのであった。

PC「あのボス、なんか裏設定でもあったの?」
GM「いや別に。ただそういう魔族がいてもいいかな、って思って」



スレ158