あるヒロインの変貌

867 名前:NPCさん[sage] 投稿日:2008/05/28(水) 20:05:54 ID:???
 プチ困にかこつけて、俺のほろ苦い青春の記憶を語ってやろう。
 キャンペーンを始める事になって、俺がPC1をやることになった。
 そしてGMを勤める我が魂の兄弟が、不敵な笑みを浮かべてこう言ったのだ。

「で、どんなヒロインがいい?」

 俺は全力で「思わず守ってあげたくなる健気っ子!!」と即答した。
 そしてソウルブラザーと共に、あーでもないこーでもないとそのNPCヒロインを設定を話し合った。
 至福の時だった。

 そしてキャンペーン第一話。
 NPCヒロインおよび各PCのお披露目としては順調な滑り出しを見せた、まずまずのセッションだった。
 俺としても、ソウルブラザーと共に魂を削って生み出したヒロインとちょっとだけ(超重要)いい雰囲気
になり、これからの恋愛展開に胸が高鳴る思いだった。
 事件が起こったのはエンディングフェイズ。
 参加者の一人の困ったちゃんが、こともあろうにそのヒロインをレイプすると言い出したのだ!
 慌てて止めに入ろうとする俺、だがそれよりも先に、ソウルブラザーはサイコロを振る。
GM「(ころころ)回避したよ」
一同「はぁ?」
GM「で、ヒロインの攻撃……命中? じゃあ、君が彼女に襲い掛かり捕らえたと思った刹那、
  その姿が掻き消える。そして君の背後から声が聞こえる。『だめよボウヤ? オイタしちゃ?』」
 そして、その一撃で行動不能に陥る困ったちゃん。唖然とする俺含む一同。


868 名前:続き[sage] 投稿日:2008/05/28(水) 20:06:33 ID:???
 ……のちに我が魂の兄弟はこう語った。

「どうしようかと思って、テンパって、おもわずやっちまった!」

 ごく冷静に対処したように見えたのは、見た目だけだったらしい。
 かくして我が魂を削ったヒロインは、一瞬にして「健気っ子を装ってPCたちをいいように操る悪女」
と化し、その後も暗躍を繰り返してPCを苦しめ、さらに後には家族のために悪事に手を染めていた
設定が勃発、その家族がらみで黒幕と袂を分かちPCたちと共闘するという男前なイベントを経て、
半年と言う時間をかけてようやく当初の予定のPC1の恋人キャラに納まるのだった。

 そして予定してしていたらしい健気っ子恋愛イベントをいくつか起こしてもらえたのだが……
一皮向けるとアレだとわかってる以上、健気っ子だとはとてもとても思えなかった。
 まぁ、俺は節操なしで間口が広いのでそのヒロインもそれはそれで萌えたのでいいのだが、
我が魂を削った健気っ子の魂は、いまどこの空を漂っているのだろうか……。

 あ、困? レイプ失敗した瞬間にムギャオーして卓の上のモンをぶちまけて出てって、それ以来
こっちも呼ばなくなったから知ラネ。


スレ180