厨年レベル50

434 名前: NPCさん 02/11/09 03:42 ID:56K3RJy2

昔所属していたサークルのコンベでの話です
身内ではないけれど、毎回来る常連客がいました
SWのGMばかりやる厨年で、冒険者養成学園シナリオ(一年で平均5レベルくらいになれる)や
アドリブというのは名ばかりの自己完結シナリオ(PLがどうあがこうが強制的に進む)ばかりやっていたので当然干されていました

ですがある時、彼が女神転生・覚醒編のGMをやることになりました
コンベに来ている他の客に迷惑をかけぬようにサークルメンバーが人身御供になりました
その判断は果たして正しかったのかどうか・・・
PC達は対悪魔組織の下っ端で任務として悪魔掃討を命令されました。まあ、妥当な導入です
ところが何故か目付け役としてNPCの上司が同行を申し出てくれます
上司は「ちょっとした余興だ」と呟くなり割と上位の悪魔を呼び出して一刀両断にしました
(GMの隣に座っていたPLは、そのNPCのデータを嬉々として見せようとする彼にウンザリしたそうですが・・・ちなみに50レベルだそうです)
PCはウンザリしつつもシナリオを進めていきます。するとゾンビが(もしかすると他の悪魔だったかも)出てきました
いい加減キレかかっていたあるPLが命運を注ぎ込んで銃の達成地をブーストして攻撃しました。すると・・・
GM「カーン(効果音らしい)」
PL「かーんって、何の音?」
GM「いや、なんかバリアが張ってある。攻撃が通らないね」
この時GMの左隣に座っていたPL(体育会系)は、ものも言わずに殴りたくなる衝動を抑えるのに苦労したそうです
あらゆる攻撃が通じない謎のバリアを前に当然PCは苦戦します
そのとき例の上司が「これを使え!」と謎のアイテムを渡してくれました
嫌々そのアイテムを使うとあら不思議。謎のバリアは消滅し敵はめでたく退治されハッピーエンドです
 ・・・このときに参加したPLは心に傷を負った事だけを記しておきます

437 名前: NPCさん 02/11/13 00:09 ID:???

 >>434
そのGMは、ルールの適用を間違えてます。以下某所より転載。
DQNにはDQNを。
 ---
マスターが誤ったルールを使おうものなら、たとえプレイ中であっても「そのルールは間違っています!」と即座に刺摘してきます。

「マスターはルールに従わなければ行けないんですよ!
私は○○をプレイしに来たのであって、
あなたが自分勝手に改竄したルールを見に来たんじゃないんです!」

「私はこのゲームの全てのプレイヤーに正しくゲームを広めたいと思って、
間違っているマスターを修正しているんですよ、いや、そうしなければいけないんです!
見ず知らずのプレイヤーが集まるコンベンションで、
あなたみたいにルールを勝手にねじ曲げるマスターがいるから、
デザイナーの○○先生を始め他のゲーマー全てが迷惑しているんですよ!?
そんなに自分のルールでやりたいなら一人で●●●●してるのと同じじゃないですか!
あなたはコンベンションマスター失格だ!」


あなたの周りの厨房ゲーマー・へたれプレイヤー

冒険者養成学園と同一人物ではないかと思われます。