君の瞳は宇宙のゴミのように煌めいて綺麗だね

39 名前:ゲーム好き名無しさん[sage] 投稿日:2014/02/19(水) 18:12:24.17 ID:xoX4oXjP0 [1/2]
さあ、ぷち困祭りまだまだいくぞ。
女性をナンパするのが趣味、と公言するプレイヤー(男)。
無論のこと、女性PLをナンパするし、女性PLのPCもナンパする。
まぁ悉く失敗しているのだが、その際のセリフがやたらキザ(笑)
例を挙げると「君の瞳は星屑のように輝いているね」とかそんなん。
ナンパだけならともかく軽いお触りなどもあって女性PLからは不満も出てきてた。
注意は何度もしたんだが止まらない。こりゃ追放やな、と主催者たちとの会話をしていた頃。

新人さんが入った。可愛らしい感じの女の子で、なんか割とTRPG慣れしてるっぽかった。
で案の定、ナンパ野郎が食いついてキザ台詞を吐きまくるんだが

「君の瞳は星屑のように煌めいて綺麗だね」

といつものセリフを吐いた途端、新人の子、きょとん、としてから、すっごい嫌そうな顔をした。
あ、嫌いなタイプだったか、まずいかも、と思い注意しようとしたその時だな。

「それって宇宙のゴミってことですか?」

俺たち呆気にとられる。ナンパ野郎も呆気にとられる。
え、なんで? とナンパ野郎が問いかけると彼女曰く。

「特定の何らかの名がある星ならいざ知らず、星屑と不特定多数な物を差されたら、デブリや木端のような星も範疇に含む為」

だとか。いや、星屑って星がちりばめられた様だろう、とか俺たち思うんだがナンパ野郎は何をどう思考したのか、「君はまるで薔薇のようだね」と言いおった。
なんだこのやりとり、と思ってたら「それってトッゲトゲで痛々しいってことですかね」とやたら喧嘩口調。
ナンパ野郎のキザ台詞をとことん悪意的に解釈していって遂に心折れたのか何も言わずに帰っていき、以後、そいつを見かけなくなった。

後々に彼女に聞いてみた所、あの手の男が嫌いだったんだとか。
いやまぁ、わざわざ集合して「お前もう二度と来んな」って言わずに済んだんだけど。

40 名前:ゲーム好き名無しさん[sage] 投稿日:2014/02/19(水) 18:17:59.84 ID:+pklSJ9v0
>「君の瞳は星屑のように煌めいて綺麗だね」

キザとか以前に、頭の可哀想な人の発言にしか聞こえんのだがw

41 名前:ゲーム好き名無しさん[sage] 投稿日:2014/02/19(水) 18:49:59.05 ID:0arRX7J80
その女子の言い方は極端だが
「星屑のように」だったらそういう感じ方する人もいるかもねえ
星だけの方が良かったのでは

ツッコミどころがそこじゃないのは承知だが

42 名前:ゲーム好き名無しさん[sage] 投稿日:2014/02/19(水) 18:52:29.34 ID:zbsu0yMX0 [2/3]
新人さんがその撃退のための台詞以外普通なら
アホが去って優良物件入荷といううらやましい話

43 名前:ゲーム好き名無しさん[sage] 投稿日:2014/02/19(水) 18:58:57.73 ID:QED90Yi90 [1/2]
初期のセクハラつぶしのために一々セリフ悪意に
解釈はよくあることっちゃよくあるからまあ

44 名前:ゲーム好き名無しさん[sage] 投稿日:2014/02/19(水) 19:05:49.08 ID:TJ5r7VIe0
普段からそういうやつって前提だったからうまく転がったものの
たまたまそういうキャラやってみたかっただけのPLだったら危なかったな

45 名前:ゲーム好き名無しさん[sage] 投稿日:2014/02/19(水) 19:07:48.78 ID:xoX4oXjP0 [2/2]
捕捉を幾つか。
ナンパ野郎:ガイアが俺にもっと輝けと言ってる系イケメン。だから頭悪い台詞しかはかなかったのかは謎。
新人さん:とても愉快なお嬢さんである。データマンチの気が若干あるがロール面白い、発想愉快、GM意欲満々、シリアスギャグ全方位完備。優良過ぎてこの子怖い。

羨ましかろう、ふははははは!! と自慢だけして以後ROMる。

46 名前:ゲーム好き名無しさん[sage] 投稿日:2014/02/19(水) 19:12:13.52 ID:FG4AmzvMP
なんだ、報告者困か(歯を食いしばって血涙流しながら)

47 名前:ゲーム好き名無しさん[sage] 投稿日:2014/02/19(水) 19:16:00.11 ID:2Z38Egh80 [1/2]
なんだこれ以上ないくらいのハッピーエンドじゃねえか!

48 名前:ゲーム好き名無しさん[sage] 投稿日:2014/02/19(水) 19:19:23.37 ID:XE0AadIG0 [1/3]
おらもうこんなとこ来んなよ!いいな!


スレ375