※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1番目の巨像攻略

1体目の巨像攻略

巨像の位置


  • MAP:F5
(最初のセーブポイントは祠の南の外壁(左右の階段の間)の石碑です。)
○ボタンで剣を光にかざして、光の筋が集まった方向が目的地です。

F5の南の方の壁に行きます。(祠から真っ直ぐ南です)
いろいろな操作のチュートリアルも兼ねています。(アグロには下で待ってて貰います)
イベント終了後の向きから、右の壁(黄土色の色が違う壁)に近づくと壁に登れることが分かります。

△でジャンプ後、R1で壁を掴む。
R1を押している間は壁を掴んでいる。
R1を押しながら移動する。(ワンダ視点)
頂上まで行くと△ボタンで上にあがる。(この時、左スティックは操作しない)

登ったらカメラを操作しつつ、崖を飛び越えたり壁を登ったりしていく。

R1+△ 前転避け。巨像の攻撃を避ける場合にも使用します。

壁に貼り付きながら移動し、柱の反対側に移動。その後、背後の方向にジャンプ。
背面ジャンプ(△ため後、左スティックを下に入れながら△を離す)これはスティック次第で任意の方向に飛ぶことができます。

巨像出現

L1でカメラが巨像をロック。

戦闘方法





巨像の攻撃方法は緩慢な振り下ろし攻撃。
巨像はでかいので当たらないだろうと思っていてもきっちり棍棒はワンダに当たります。走り回って回避しましょう。
ただし、この棍棒攻撃は接近しているときには現れないので、巨像出現から巨像がワンダの方に振り返る前にすばやく走っていき足を掴んで登っていけば楽です。

また、巨像に接近した際、足で踏みつけられてもダメージになります。
ゲームオーバーしても巨像出現時から再スタートできます。

弱点は剣を○で光にかざして光の筋が集まった場所です。


1.巨像の後ろに回りこみ、ふさふさした部分のある左足に掴まり登ります。

2.R1を押しつつ□でアキレス腱当たりを剣で刺します。(光っている部分)
ここで小さな弱点が消えるまで刺しておくと、ショートムービーになり巨像が大きく前のめりになり、振り落とされる危険が少なくなるので登りやすくなります。(2回目以降はムービー無しですが効果は同じです)
ふくらはぎを走れそうなら走ったほうが時間短縮になります。

3.腰と背中の後ろの3カ所あるベランダのような部分に乗り、握力を回復させながら頭を目指します。

4.頭の上で剣を3回刺せば倒せます
頭の上でR1を離して握力を回復し、振り落とされそうになったら背中を掴んで回避したりするのもいいかもしれません。
頭の上で剣を刺すときは連打するのではなく、R1を押しつつ、□を長押しし剣を大きく振り上げた(ワンダが声を発したあと足を開く)のを確認してからもう一度□を押します。

  • hameko動画を参考にしたルート
かかと(側面でもOK)にしがみついたらすぐに2回短く刺します。
弱点の模様を刺す必要はなくふさふさ部分ならどこでも可能。
巨像が跪いたらかかとを素早く降りて、頭の方にいき、もみあげから直接飛び移ることができます。


倒すと、セーブ画面になり、祠に戻ります。



△上に戻る



戦闘方法 ハード



  • 弱点
  • 追加部分
  1. 右上腕後ろ

ノーマルとの違いとしては、ふくらはぎを刺した後の跪く時間が短くなっている点。すぐに移動しないと間に合いません。
あとは巨像が良く動く気がします。
頭を消した後、右上腕の弱点を消しに行った方が効率がいいです。
右腕に行く場合は、背中の右のベランダからジャンプします。
頭の紋章を刺すときですが、紋章のできるだけ下(首側)を刺すと頭を大きく振ることがないような気がします。
そこを連続してジャンプ刺しすると短時間で紋章を消すことができました。もちろん突き刺し攻撃でも構いません。

腕の紋章は、刺すと巨像は腕を大きく振ってくるので、握力が足りなくなったらその振りを利用して背中の毛に掴まって握力を回復できる場所に移動しましょう。



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|







ワンダと巨像 公式攻略&設定本 古えの地綺譚


  • サイト内検索



  • 更新履歴
取得中です。
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

□1500円以上で送料無料



バナー 10000022


























  • PVALL: -
    y-day: -
    today: -