|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

賢者の石

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

現在、paint_bbsプラグインはご利用いただけません。

賢者の石

・賢者の石(けんじゃのいし, philosophers' stone, philosopher's stone)とは、中世ヨーロッパの錬金術師が、鉛などの卑金属を金に変える際の触媒となると考えた霊薬である。人間に永遠の生命を与えるエリクサー(大エリクシル)であるとの解釈もある。
・哲学者の石、天上の石、赤きティンクトゥラ、第五実体(第5元素)など複数の呼び名がある。なお賢者というのは日本の訳語であり、賢者とは関係ない。形状も石とは限らない。一説にはこれを得るために錬金術(alchemy)は発達したという。錬金術師たちが、様々な手段を用いてこの賢者の石を希求したという話が伝えられている。
・コリン・ウィルソンによる同名の小説がある。

はじめに

このページは鋼/の/錬/金/術/師の超理論を理解しようとがんばってるただのまとめサイトです。