|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

F.賽河家の活動(オーバーテクノロジー) :どうするか?

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  •  03年末のセッションで重工が壊滅したことと合せ、
    「存在はしたが、今はもうない」
    という状態に。
    以後、この項目に関して語られることは無い。 -- kuro (2006-04-08 02:36:10)
  • 本当は、そういうオーバーテクノロジーがあった、ということ自体。いけないことなのですがね。
    しかし、今までのセッションを消すのもしのびない。
    (本当は、それをやったこと自体。よくない)

    でも、正直言いましょう。
    これは、そのセッションをした水無月さん自身も、深く深く反省して、なんとかしないといけない。と色々と人々に尋ねて、頭を下げるべきだと思います。
    水無月さんの案を見ると、
    「自分が関わったのは、どんだけ理不尽だろうがガイダンスに沿わないだろうが。OK。だから自分には責任がない」
    と見えます。

    ――でも、それじゃ、いけないんですよね。
    いけないことは、いけない。

    実に、安心したのは。
    「悪いことをした」というのが読み取れるような内容になってきたことです。
    ここから、生かせるところが初めて出てくるでしょう。 -- 詩人 (2006-04-13 05:16:57)
名前:
コメント: