|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

I.真昼の両親 :

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


05年03月ごろ、真昼のパーソナリティのバックボーンとして、元々設定をしていなかった両親の設定を考えたもの。
キャラシートには書かれていないが、それをほのめかす記述はある。

母親はとある集団暴行事件の被害者。
犯人が見つからなかったため、父親は不明のまま。
母親の胎内でテレパス能力を覚醒させた真昼が最初に感知したものは母親の自分に対する恐怖、憎悪、殺意だった。
そのまま危機感を感じて母親その他を子宮の中から操作、出産させる。
その後、母親はどうしたのかは覚えていない(父親は探す気すら起きてない)。

ガイドラインに抵触する部分は
  • [ガイドライン][設定][設定を考える前に] の[不必要な設定][明かされた設定]。