※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウスバシロチョウ( Parnassius glacialis


  • 漢字:薄翅白蝶
  • 分布:北海道、本州、四国
  • 時期:5~6月
  • 開張:約60mm
  • 食草:ケシ科のムラサキケマンなど
  • 越冬:卵
「シロチョウ」という名前を持つが、アゲハチョウ科
別名、「ウスバアゲハ」で、その名の通り半透明で美しい羽を持つ。
地理的変異が著しく、本州日本海側の個体には黒っぽい個体が多い。
しかも、同じ地域でも個体差が著しい場合が多い。

ちなみに、時期は地域によって様々ですので、ここで表記した時期と
少し違う時期に出現する地域があります。

(画像は一寸野虫さんの提供です。)