※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アカスジキンカメムシ( Poecilocoris lewisi


分布:本州~九州
時期:6~8月
体長:17~20mm
越冬:幼虫
大型のカメムシで、緑色の光沢に赤い模様をもち非常に美しい。
しかし、この緑色はタマムシ?などと違って死ぬと黒ずんでしまう。
この仲間は小楯板がとても大きく、腹部全体を覆う。
成虫の色がつくまでを観察してみると、ほぼ完全に
色がつくまでは、大体4~5時間かかりました。