※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アゲハモドキ( Epicopeia hainesii


  • 漢字:揚翅擬き
  • 分布:日本全土
  • 時期:5、6、8月
  • 開張:55~60mm
  • 食草:ミズキ科のミズキ、ヤマボウシなど
  • 越冬:蛹  
毒のあるアゲハチョウ科ジャコウアゲハ?に擬態
しているが、ジャコウアゲハより小さく、大きさは半分ほど。
昼間も活動するが、夜、燈火にもよく来る。
幼虫はロウ物質に覆われていて、ミツクリハバチ?の幼虫に似ている。

(画像提供:ojyalさん)