※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ナナホシテントウ( Coccinella septempunctata


  • 漢字:七星天道
  • 分布:日本全土
  • 時期:3~10月
  • 体長:約8mm
  • 食餌:アブラムシ類
  • 越冬:成虫
日本で一番よく知られ、人に親しまれているテントウムシで、
ナミテントウ?と共にもっとも普通に見られる種類。
幼虫も成虫も害虫のアブラムシ類しか食べないので益虫である。
幼虫の期間は短く、2~3週間ほどしかない。