※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

共生


いくつかの種類の生物が利益を提供しあう生活様式。
また、片方が不利益を負う片害共生のような例もあるが、
多くの場合は相利共生と片利共生を共生と呼ぶ。
しかし、多くの人が考える共生は相利共生の場合が多い。

相利共生(そうりきょうせい)


それぞれの種類の生物にとって利益があるものを言う。

(例)
  • アリとアブラムシ
アリはアブラムシを守り、甘露と言う
甘くカビやすいアブラムシの排泄物を処理する。
アブラムシはアリに甘露を提供する。

片利共生(へんりきょうせい)


どちらか一方だけが利益を得るものを言う。

片害共生(へんがいきょうせい)


どちらか一方だけが不利益を負うものを言う。

寄生(きせい)


寄生の項を参照。