※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

               ヤママユ(Antheraea yamamai yamamai)

分布 本州以南屋久島以北
開張 110~150

日本のヤママユガ科の蛾では代表的な種。
天蚕(てんさん)とも呼ばれ、長野県などで絹糸虫として飼育されている。
室内での飼育は難しく、病気などにより死ぬものが多い。
成虫は色彩変異が多い。
幼虫はオオミズアオにやや似るが、玉状の突起がヤママユでは黄色、オオミズアオではオレンジ色になることで容易に区別できる。