※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

精神疾患・神経症の種類へ戻る


過敏性腸症候群


過敏性腸症候群、おなら恐怖症ガス恐怖症の体験談、治療法・克服法の口コミ情報

  • ストレスがたまる場所にいますと、自分のおなら、ガスが漏れてしまい、周りに迷惑をかけていると
    感じてしまいます。被害妄想なのかどうかはわかりません。
    でも、周囲の人が鼻に手をやったら、鼻をすすったりする音を聞いていたたまれなくて
    毎日がきついです。このままじゃどうにかなってしまいそうです。
    人がいる場所に行くのも恐怖です。
    病院に行ってもストレス要因でなっていると言われました。
    どうしたらいいですか? 克服できた人はいますか? -- southern (2009-04-03 19:14:00)
  • 私は中学の時テスト中お腹がなってそれいらい給食前など腹なりを気にしてたら今度はおならをしたらどうしようと恐怖が続いておなら恐怖症になりました最初は恐怖感だけでした それが教室など逃げられない場所でしだいにお腹を壊すようになりおならが出るようになりました 普通友達と遊んでいる時や家ではそういう恐怖はありません 診療内科でもあまりわかってもらえずそういう状態が長いので鬱も入ってつらいです 私の場合おならは少なくどちらかというと出たらどうしようという恐怖に悩まされています 何か心を落ちつけるいい方法があったら教えてください お願いします -- みみ (2009-04-27 22:58:50)
  • まず、心療内科の病院をいくつか行ってみると良いと思います。私もガス型の過敏症腸症候群で何年も悩まされてきました。授業中ガスが鳴ってしまい、恥ずかしい思いをしたこともあります。社会人になってから悪化をたどり、症状は緊張による精神疲労、腹部の痙攣によるガスと宿便です。今はとても良い心療内科で治療をしています。私はうつ病とパニック障害の併発と診断されました。薬を飲み始めて、ガス、や不安や緊張は和らいできています。私の過敏症腸症候群の原因がうつからきているものだと最近知って驚きました!まずは知識にたけている信用できるお医者さんと出会うことが大事だと思います。 -- 治療中の者です (2009-05-12 22:07:04)
  • 私は中学生の頃からずっとおならに悩まされています。家にいる時は平気なのに学校で授業中頻繁におならがしたく毎日おならするの我慢しながら授業受けています。これはなんの病気なのか何年間も気になってしかたがなかったのですが、今日心理学の授業でこの病気のことを知りました。やはり病院に行って治療しないと治らないのでしょうか?病院に行かなくても完治できる方法があったら教えてください。 -- ブラン (2009-07-31 22:57:34)
  • はんまーかんまーw(;・ω・)★ http://nn7.biz/anime/movie.html -- sonin (2011-10-01 02:07:57)
  • 私は今中三で、三年間腹痛・下痢・便秘に悩まされてきました。
    今度病院にまた行くつもりですが、もう生きてる事すら嫌になります。
    何で私だけこんないつも死ぬほど辛い目に合うの・・・。
    と、夢まで失ってきました。高校にも行きたくありません・・・。
    だって行ったとしても皆みたいにいい生活は送れないから・・・。
    皆がずるいです・・・。私は食べたいものも食べれないし、お出かけの時だって恐怖を持つ・・・。
    治らないかって思うとなおさら泣きます。夢は、世界を回って人々を助ける事・・・だけどこんなに苦しいなら家で孤独に一人でいたほうが足手まといにならないしいいな。
    と、思っています。誰も私の気持ちも分かってくれない・・・。
    それでいつも親とけんかしてる・・・。
    こんな、辛い腹痛・下痢・便秘でも治るでしょうか?
    もう嫌なんです。こんな生活。誰か助けてください・・・。 -- 山吹 乙女 (2011-12-27 22:02:43)
  • 私は今中一です
    そしてみなさんと同じガス型です。
    みなさんの気持ち凄く共感できますー。


    でも完治する方法なんてないと思います。


    私の場合は学校毎日通い頑張って行っています 。
    でもたまに陰口を言われ家の中で泣いてわめいた事があります。
    前の自分に戻りたい…
    でもいつまでも下を向いてていいんですか?
    何も進まないような気がするんです。


    そして私はクラスのほとんどにこの病気のことを言いました。
    そしたらみんなから、励ましの言葉ばっかでー。


    その後私は号泣してしまいました…
    みなさん。
    決してあなた一人ではないはずです


    少しづつでいいからー。


    どうか夢を諦めないでほしい


    人生前向きに考えれば何事もうまくいくはず…
    私は信じてます。


    -- ぽろん (2012-03-01 20:13:28)
  • ここの「あや」は誰とでもセクスする悪い子(´-ω-) http://sns.44m4.net/ -- 栄子 (2012-06-14 15:14:13)
  • 私は今おばさんですが 小学校~20代 全ておなら恐怖に苦しんだ 今は自分を癒すことを考えている アサーションをして自分を大事にしていきたい -- マル (2014-10-04 19:10:02)
    名前:
    コメント:

(過敏性腸症候群、おなら恐怖症ガス恐怖症の体験や克服方法、口コミ情報を書いてください)


過敏性腸症候群、おなら恐怖、ガス恐怖とは?

過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん、Irritable Bowel Syndrome:通称 IBS)は、主として大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称。検査を行っても炎症や潰瘍など目に見える異常が認められないにもかかわらず、下痢や便秘、ガス過多による下腹部の張りなどの症状が起こる。以前は大腸の機能の異常によって引き起こされる病気ということで『過敏性大腸症候群』と呼ばれていたが、最近では大腸だけではなく小腸にも関係することなどから『過敏性腸症候群』と呼ばれる。なお、医学非専門家では、その呼称から炎症性腸疾患(IBD)や潰瘍性大腸炎との混同(存在しない病名である「過敏性大腸炎」との表現など)が見られる。

症状

 症状は主に便通の異常である。症状の現れ方によって、不安定型、慢性下痢型、分泌型、ガス型の4つに分けられる。排便により、しばらくは症状が軽快するが、またぶり返す。

  • 不安定型

腹痛および腹部の違和感、下痢と便秘が複数日間隔で交互に現れる(交代性便通異常)。

  • 慢性下痢型

少しでもストレスや不安を感じると下痢を引き起こす。神経性下痢などとも呼ばれる。

  • 分泌型

強い腹痛の後、大量の粘液が排泄される。

  • ガス型 

過剰なストレスによっておなかにガスがたまる症状。

原因

腸の運動を司る自律神経に異常があったり、精神的不安や過度の緊張などを原因とするストレスなどが引き金となる場合がある。またもともと神経質な性格であったり自律神経系が不安定であったりする人が暴飲暴食やアルコールの多量摂取などを行ったり、過労や体の冷えなどの状態に置かれた場合に症状が発生する場合がある。

また、最初は身体的理由(暴飲暴食など)が原因で下痢をしたものが、それにより人前で恥をかくという経験を幾度か重ねるうち、学習効果により人前で下痢をすること自体に恐怖心を持ってしまい、長時間トイレのない場所や人目に触れずにトイレに入れないような場所にゆくと不安障害の一種として下痢をするようになることもある。これはちょうど、乗り物酔いしやすい人というのは、乗り物酔いを何度か経験するうちに「また乗り物酔いするのではないか」という予期不安によって、乗り物に乗る前から、意識がそれに集中してしまい、酔いやすい状態(あるいは酔った状態)になるという、いわゆる「酔うと思うから酔う」現象に似ている。パニック障害などとほぼ同じ原理といえる。

もし、身のまわりにこのような人がいたら、「なぜ我慢できないの」と思うのではなく、この病気についてよく理解し、相手を傷つけない行為をする事が大切である。

治療

この症状は精神的なストレス、生活の乱れによって引き起こされることが多いため、症状を改善するにはこれらの要因を解消することが基本となる。

  • ストレスが原因となっている場合

自律神経失調症の恐れがあるので、まず精神的に不安定な状態を解消し、ストレスの原因となっているものをはっきりさせて、これを取り除く。消化器科の医療機関での薬物治療や、精神科の医療機関での心理療法などによる治療を受けることが最も望ましい。また、医療機関に頼らず自らストレスを解消する方法として自律訓練法がある。

  • 生活の乱れが原因となっている場合

暴飲暴食、喫煙、アルコールの多量摂取を避け、食生活の改善および生活習慣の改善を行う。また改善した生活習慣を維持できるよう、自分自身によって自らの生活を管理することが肝要となる。

過敏性腸症候群(Wikipedia)より


この症状に効果的な治療法・心理療法一覧 案内ページ

神経症治療法・克服法口コミ・感想(トップページ)へ戻る





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー