※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

精神疾患・神経症の種類へ戻る


自律神経失調症


自律神経失調症の体験談、治療法・克服法の口コミ情報

  • 自律神経失調症は、病名ではありません。
    とりあえず、自律神経が崩れているなら、自律神経失調症になります。
    つまり神経症クラスの悩みは、自律神経のバランスが崩れているため、
    自律神経失調症になるわけです。
    誰しも神経症の人は自律神経失調症になるということですな。 -- キング (2009-03-15 19:02:18)
  • 小学校の頃から、自分は唾液分泌により周囲に不快音を発していると思い続け、悩みを抱えたまま高校生になり、18歳の時に初めて親に打ち明けた。直ぐに精神科に連れて行かれ、何でもないと音など発していないという事が解り、症状は落ち着いていました。しかし6年前に仕事の過労によるストレスから再発し、薬を飲む事により症状を抑えている状況です。一生薬と付き合っていけば良いかと思っていましたが、やはり完治を目指したいと思いました。現在は状態が悪く、過度の唾液分泌に対する恐怖心から、ろれつが回らなくなる場合があります。大阪近辺でいい病院ないでしょうか? -- 山田太郎 (2009-04-20 14:35:48)
  • 自律神経失調症を治そう!!!!!!!!!!!!!!


    http://unmeihakawaru.blog59.fc2.com/


    -- 治療ブログです。 (2011-04-14 20:45:50)
    名前:
    コメント:

(自律神経失調症の体験や克服方法、口コミ情報を書いてください)


自律神経失調症とは

自律神経失調症(じりつしんけいしっちょうしょう、英称:dysautonomia)とは、交感神経と副交感神経の2つから成り立つ自律神経のバランスが崩れた場合に起こる病気である。

概念

日本心身医学会では「種々の自律神経系の不定愁訴を有し、しかも臨床検査では器質的病変が認められず、かつ顕著な精神障害のないもの」と暫定的に定義されている。しかし、この病名はDSMはもちろんのことICDにも正式な病気としては載っていない。

この病気は昭和36年ごろに東邦大学の阿部達夫が定義したものであるが、現在も医学界では独立した病気として認めていない医師も多い。実際この病気は患者の症状も多様である上に、ストレスなどの精神的な問題も関係しているとみなされているため、非常に曖昧に使われている病名であるといえる。

この病気の患者は実際にはうつ病やパニック障害や身体表現性障害などの精神疾患が正式な病名として認められる場合が多く、正式に病名がつかない場合でもストレスが要因になっている可能性が高いため、適応障害と診断されることがある。また、癌などであっても似たような症状が表れる。

また、「無能な内科医が、不定愁訴などの患者に対し、納得させる目的でつける病名である」と言う否定的な意見も少なからずあり、内科で自律神経失調症と診断された場合は心療内科などでカウンセリングを受けることを勧められている。

機序

自律神経とは血管、リンパ腺、内臓など自分の意思とは無関係に働く組織に分布する神経系のことであり、呼吸や代謝、消化、循環など自分の意思とは無関係で生命活動の維持やその調節を行い、絶えず活動している神経である。

交感神経は代謝、消化などの生命活動を活発にする働きをし、副交感神経は交感神経とは全く逆の働きをする。人体ではおよそ12時間交代でこの二つの神経の優位が入れ替わるとされているが、夜更かしやストレスなどで脳を休める時間が減ると自律神経が興奮し、結果的に交感神経と副交感神経の優位入れ替わりのバランスが崩れ、自律神経失調症となるとされている。

人間不信に陥る、等の症状も稀に見られる為、体の不具合を訴えても、精神症状は隠そうとする場合がある。

そうすると”仮病”と周囲にされ、この状態の悪連鎖になり、うつ病になる可能性も出てくる。

自律神経の中枢は脳の視床下部というところにあり、この場所は情緒、不安や怒り等の中枢とされる辺縁系と相互連絡していることから、こころの問題も関わってくる。

症状

めまい、急な動悸、冷や汗が出る、体の一部が震える、緊張するようなところではないのに脈が速くなる、動悸がする、血圧が激しく上下する、立ち眩みする、耳鳴りがする、吐き気、頭痛、腹痛、下痢、微熱、生理不順といった身体症状から、人間不信、情緒不安定、不安感やイライラ、抑うつ気分など精神的な症状が現れることも多い。

自律神経失調症には様々な症状があり、どの症状がどれだけ強いのか弱いのかは患者それぞれである。そのため患者によっては、その他の症状はあまり強く現れないにもかかわらず、ある特定の症状のみが強く表れる場合もあり、症状は実に多岐に渡る。

原因および発症

夜更かしをする事などによる自律神経の興奮、脳の疲労や、ストレスや更年期が原因のホルモンバランスの乱れ等が挙げられるが、遺伝的に自律神経の調整機能が乱れている患者も存在するため一概に言う事は出来ない。しかし、少なくとも半数が日常生活のストレスにその病理の原因があると言われている。

病態

特に大きな症状は出ない。しかし、席から急に立ち上がるときにめまいや立ち眩みが起こる。また、起床時に起きられないことがある。緊張もしない所なのに動悸が起こる。病態は人それぞれの為、判断しにくい。

また、しばしばシェロンテストで異常がみられることも多い。

治療

多くの患者は内科ではなく心療内科や神経内科に通院する。治療には抗不安薬やホルモン剤を用いた薬物療法や、睡眠の周期を整える行動療法などが行われている。最近では体内時計を正すために強い光を体に当てる、見るなどの療法もある。

自律神経失調症は、心因的なストレスから来る場合と、カラダのゆがみから来る場合とがある。上記のような西洋医学で改善の兆しが現れない場合は、整体・鍼・カウンセリングなどが有効の場合もある。

成長時の一時的な症状の場合、薬剤投入をしないで自然治癒させる場合もある。また、自ら自律訓練法を用いて心因的ストレスを軽減させ、症状を改善させる方法もある。

自律神経失調症(Wikipedia)より


神経症治療法・克服法口コミ・感想(トップページ)へ戻る





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー