※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

向精神薬・抗うつ剤・精神安定剤 薬一覧表及び感想


トリプタノール(抗うつ剤)


トリプタノル(抗うつ薬)感想、口コミ


塩酸アミトリプチリン(えんさんアミトリプチリン、amitriptyline hydrochloride)は、抗うつ薬として用いられる有機化合物の一種。水、エタノール、酢酸に溶けやすくジエチルエーテルに溶けにくい。苦く麻痺性がある。

脳内においてノルエピネフリン及びセロトニンの再取り込みを抑制し、シナプス領域のモノアミンが増量することにより、抗うつ作用を示す。

三環系抗うつ薬の一種で、万有製薬よりトリプタノール、山之内製薬からラントロンという商品名で発売されている。うつ病・うつ状態、夜尿症の治療薬に使用される。

抗コリン作用が強く、口渇・便秘・めまい・眠気・排尿障害などの三環系抗うつ薬にありがちな副作用が強く現れやすい。 ただ、効果も高いとされているので、他の抗うつ薬で思わしい効果が出ない場合に処方されやすい。

禁忌

  • 緑内障のある者
  • 心筋梗塞の回復初期の者
  • 尿閉(前立腺疾患等)のある者
  • モノアミン酸化酵素阻害剤(セレギリン)を服用中の者

用量・用法

うつ病・うつ状態の場合、通常、成人に1日 30〜75mg を初期用量として、最大1日 150 mg まで漸増し、分割投与する。まれに 300mg まで増量することもある。年齢や症状に応じて適宜減量する。

種類

錠剤:10mg,25mg

トリプタノール、ラントロン(Wikipedia)より


神経症克服法・治療法・心理療法一覧 案内ページ

神経症治療法・克服法口コミ・感想TOP PAGEへ





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー