※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

向精神薬・抗うつ剤・精神安定剤 薬一覧表及び感想

#menu

ドグマチール(抗うつ薬)


ドグマチール(抗うつ薬)の感想、口コミ

  • ドグマチールを飲んでかなり体重がアップしました。
    増えたもんじゃなく、激増です! 激太りの豚になっています -- 名無しさん (2009-03-16 17:55:14)
  • パキシルからこのお薬に変えてもらいました。
    パキシルは怖いと聞いたので。
    これはどうなのかな -- 元ぱきしらー (2009-09-09 14:44:29)
  • 統合失調症で幻聴がひどい状態でしたが
    飲んでから三日ぐらいで ほとんど幻聴が聞こえなくなりました
    ただ副作用でくちびるをつぼむとかは出ています
    -- ジク (2010-08-26 13:19:21)
    名前:
    コメント:

スルピリド(Sulpiride、商品名:ドグマチール、アビリット、ミラドールなど)は定型抗精神病薬の一つで、スルピリドは日本国内では統合失調症・うつ病及び胃潰瘍・十二指腸潰瘍治療薬として承認されている。ヨーロッパでは使われているが、アメリカ及びカナダでは承認されていない。

スルピリドは多くの後発医薬品が存在するため薬価が安くなるケースもある。

種類 錠剤:50mg(カプセル), 50mg, 100mg, 200mgの錠剤 細粒: 10%, 50% 注射液:50mg, 100mg ※以上はドグマチール(アステラス製薬)の場合

薬理

スルピリドは、ベンザミド系に分類される。スルピリドはドパミンD2受容体にほぼ選択的に拮抗作用を有している。 ヒスタミン、ムスカリン性アセチルコリン、αアドレナリン受容体拮抗作用はほとんどない。そのため、他の抗精神病薬にあるような眠気や沈静などの副作用が比較的に少ない。

スルピリドの抗精神病薬作用はドパミンD2受容体の遮断作用に因るものと考えられている。

また,消化管のドパミンD2受容体を遮断する結果,アセチルコリンの分泌が促進される。そのアセチルコリンにより消化管運動が亢進し,食物の胃内貯留時間が短縮するため,食物と潰瘍部の接触が通常より回避されることから,胃潰瘍部分へのダメージを減少させ治療を促進する。

日本での経緯

1973年8月にドグマチール錠(カプセル)が発売された。

副作用

プロラクチン値上昇など。眠気をきたすが、午後四時以降の服用は、逆に不眠を引き起こす可能性があるため、避けた方がよい場合もある(但し、服用すべき時間帯は医師の指示に従うこと)。その他、吐き気、口の渇き、便秘、空腹感などが主な副作用として挙げられる。

男性の場合、性欲減退や射精困難(もしくは射精不能)を招く場合があるほか、乳頭痛、乳汁の分泌が発現する場合がある。 女性はホルモン異常(生理不順や乳汁の分泌など)が現れる場合がある。母乳内で検出されることもあるため、服用中は授乳を避けた方がよい。

また、錐体外路症状(震えや強張り、そわそわ感など)が現れる場合がある(薬剤性パーキンソン症候群)。

長期間の服用によって、遅発性ジスキネジア(口の周辺の異常な運動や舌の震え)が起きる可能性がある。

禁忌

プロラクチン分泌性の下垂体腫瘍の患者 褐色細胞腫の疑いのある患者

ドグマチール、アビリット、ミラドール(Wikipedia)より


神経症克服法・治療法・心理療法一覧 案内ページ

神経症治療法・克服法口コミ・感想TOP PAGEへ





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー