※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

治療法・心理療法一覧 案内ページ


ヒプノセラピー、催眠療法(治療法・心理療法)

(神経症治療法・克服法体験記・クチコミ情報メニュー)


催眠療法(ヒプノセラピー)についての口コミ・感想はこちら

(受けた感想や体験記、口コミ情報を書いてください)


催眠とは?

催眠(さいみん、hypnosis)とは、催眠状態と呼ばれる被暗示性の昂進した変性意識状態の一、またその状態に導く技術 (催眠法) のことである。

意識の構成には「清明度」、「広がり」、「質的」の三つの要素が存在するが、このうち「広がり」の低下(意識の狭窄)は催眠である。また一般的に意識障害というと「清明度」の低下についてを指し、「質的」の変化(意識変容)はせん妄やもうろう等を指す。また、別の言い方をすれば、人間には9割を占める、非論理的な潜在意識と、覚醒時に論理的に思考する顕在意識とが同居しており、催眠は、洗脳やマインドコントロールと同様に、意識レベルを、批判能力を除外する潜在意識レベルに誘導することである。朝の目覚め時や睡眠導入時であっても、催眠状態にあるといえる。

学生時代、苦手科目に悩まされる経験は誰にでもある。キッカケは、たまたま数学の小テストで赤点取った、数学の先生がタコみたいで気持ち悪かった等他愛も無い事象ではあるが、これを契機に「自分は数学に弱い」というマイナスの自己暗示を掛け続けてしまう。その結果、理性的な顕在意識で幾ら数学を頑張っても、潜在意識でプログラムされた「数学嫌い」がより強固に働き、挫折してしまうのである。潜在意識の力は強固であり、例えば、出題箇所のヤマが当たるか否か、といった直感にまで影響を及ぼし、前述の「数学嫌い」を悪循環をもって固定化してしまう。

催眠状態では意識が狭窄しているので、外界からの刺激や他の概念が意識から締め出され一つの事象が意識を占領することによって、暗示のままに動かされる。この暗示によって様々な幻覚が作り出されてくる。また、潜在意識に働きかけて対人恐怖症やアガリ症等を治療する。上述の数学嫌いと同様に、他愛も無いトラウマがキッカケでこれらの症状が発症することが多いからである。

催眠法は、心理的な悩みを改善する目的で行われる催眠療法 (ヒプノセラピー) と娯楽を目的に行われる舞台催眠 (いわゆるショー催眠) とに大別される。

催眠を医療に用いる試みもアメリカでは積極的に行なわれているが、日本では積極的な医療機関は限られている。一般的には、まず薬物療法など、他の治療法を十分に試みた上で、適用可否の判断を含めて、訓練を受けた専門家により行われるべきである。

催眠療法とは

催眠療法(さいみんりょうほう)とは、Hypnotherapyの訳語で、催眠を用いる精神療法の一種である。

必ずしも病気治療に限るわけではなく、その限りにおいては医師以外でも行ないうるので、催眠治療と訳すのは誤り。

催眠療法家の資格

催眠はそれ自体安全なため欧米でも国家資格はない。欧米では、療法家が協会を結成し、催眠療法士を認定する仕組みが一般的になっている。

日本の医師免許取得に催眠療法の理論や技能等は必要とされないが、米国には催眠療法の博士号が存在する。一方、日本では資格としては、日本催眠医学心理学会認定の「催眠技能士」等がある。

催眠関連の学会の中には、催眠を娯楽の対象とする計画・活動に学会会員が参加・協力することを倫理綱領によって禁じているものもある。

催眠(Wikipedia)より


神経症治療法・克服法口コミ・感想(トップページ)に戻る





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー