※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

向精神薬・抗うつ剤・精神安定剤 薬一覧表及び感想

抗不安薬


リボトリール(抗不安薬)

クロナゼパム (Clonazepam) は、ベンゾジアゼピン系の抗てんかん薬の一種。分子式は C15H10CIN3O3 。日本国内では大日本住友製薬からランドセン、中外製薬からリボトリールという商品名で発売されている。

適用

脳の神経に作用し、てんかん発作を抑制する。

応用

神経を鎮める作用があることから、レストレスレッグ症候群やパニック障害などの神経症、他にうつ病等に使用されることもある。

禁忌

  • 重症筋無力症の患者
  • 急性狭隅角緑内障の患者

副作用

倦怠感、頭痛、集中力低下、いらいら、ふらつき、脱力感、失禁、性欲減退など

[編集] 用量・用法

  • 成人

0.5mg~1mgを分割経口投与する。症状に応じ増量し、2~6mgを維持量とする。

  • 幼児

幼児の体重1kgに対し0.025mgを分割経口投与する。症状に応じ増量し、体重1kgに対し0.1mgを維持量とする。

種類

  • 錠剤:0.5mg,1mg,2mg
  • 細粒:0.1%,0.5%

ランドセン、リボトリール(Wikipedia)より


リボトリール(抗不安薬)の感想、口コミ

#article

(この薬の感想・体験・口コミ情報を書き込んでください)


神経症克服法・治療法・心理療法一覧 案内ページ

神経症治療法・克服法口コミ・感想TOP PAGEへ





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー