※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

治療法・心理療法一覧 案内ページ


音楽療法

音楽療法を受けた感想・口コミ情報

  • パニック障害で、音楽療法をやりました。とても落ち着きましたし、パニック障害の症状も少しはやわらいだと思います。音楽は治療効果がありますので、リラックスできる人はできると思います。
  • 音楽を聞いていると、少しでも楽な気分になれます。あとはバチンコに行く事ですが、このうっている間は少し気分がまぎれます、しかし、反面、依存しすぎて、お金に感覚がなくなります、 -- あゆ (2009-02-21 21:52:02)
  • 萌えるよな・・・俺は右がタイプだ。d(´∀`*)グッ※ http://hemn.me/commuk3 -- age (2011-11-03 11:18:10)
    名前:
    コメント:

(感想・体験・口コミ情報を書き込んでください)


音楽療法

音楽療法(おんがくりょうほう music therapy)とは、音楽を聞いたり演奏したりする際の生理的・心理的・社会的な効果を応用して、心身の健康の回復、向上をはかる医療行為。演奏などの活動的音楽療法と音楽を聴くなどの受容的音楽療法の2つに分かれる。

しかしまた音楽療法を現代的な意味での医療とは区別し、代替医療 Alternative Medicine あるいは補完医療 Complementary Medicine(いずれも「現代西洋医学領域において、科学的未検証および臨床未応用の医学・医療体系の総称」と定義される)のひとつに位置づける立場もある。

バリー・キャシレスは、『代替医療ガイドブック』春秋社2000[原著(c)1998]において「音楽療法は立証済みの補完療法であり、多くの病状や問題に効果を上げている。治癒力はなく、いくつかの補完療法のように、重大疾患の治療法として勧められることもない。しかし、優れた補完医療法の例にもれず、幸福感や生活の質を高め、症状を軽減し、初期治療やリハビリテーションの効果を高めてくれる」(p.402)と述べている。

音楽療法の歴史

創成期

宗教(原始宗教、自然崇拝など)の誕生と同時に音楽は生まれ、儀式や呪術に用いられた。これにより人びとの精神を鼓舞したり一種のトランス状態(憑依障害)を引き起こしたりする。

ユダヤ、キリスト教の賛歌などにおいても音楽は用いられ、これも信仰を深め、精神的な豊かさを深耕することにより現代にも引き継がれている。

治療効果も古くから知られ、ダビデはサウルのうつ病を竪琴で治したとされる(旧約聖書『サムエル記』上16.14–23)。

発展期

第二次世界大戦により大量の傷病兵を出した米国は野戦病院において音楽を流し、ないし演奏してみたところ兵士の治癒が早まった。その後米国を中心として音楽による治療効果が立証される(1830年ディーサンズ (Diserens) ら)。

現在

各地で高齢者ケア、引きこもり児童のケアなどの現場で活発に活動が展開されており、岐阜県音楽療法研究所を嚆矢として自治体、大学でそのための研修、研究機関を設けるところも出てきた。公的機関の認定として奈良市・岐阜県・兵庫県が独自の市及び県認定音楽療法士という資格を出している。現在の主流は日本音楽療法学会認定の音楽療法士(MT、Music Therapist)という資格である。

対象

老人、発達障害者、メンタルヘルス、肉体的障害者、不登校児、学童、幼年期、薬物乱用者、神経障害者、他。

音楽療法(WIKIPEDIA)より


神経症治療法・克服法口コミ・感想(トップページ)に戻る





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー