メニュー
トップページ
作品一覧


取得中です。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(1567~1615)安土桃山時代の武将。知略に優れ、関ヶ原の合戦では西軍につき徳川秀忠?の軍が関ヶ原に向かうのを食い止めた。合戦後は九度山に流されるが大坂の陣が始まると脱出。真田丸を築いて大活躍したが、大勢は変わらず、徳川家康の本陣を襲うも失敗して戦死した。が、死んだのは影武者で、本人は豊臣秀頼と共に薩摩に落ち延びたという生存説も残る。


渦潮の果て

大坂の陣の後、配下と共に秀頼を奉じて薩摩に落ち延びた。彼の地で巨船団を築き、再起を図るかに見えたが、その真意は日本を捨て、秀頼を世界の大将軍とすることにあった。知勇に優れた偉丈夫であり、木暮月之介をして苦杯を舐めさせたばかりか、完全に心酔させてしまった。

虚無戦史MIROKU

かつて竜の艦の戦士だった阿邪羅王の転生。大坂の陣に敗れて首を取られるが、その状態から家康の眼前で復活。以来、富士に潜み、御神器を手に入れて竜の艦を飛ばさんと企んで、自分と同じ血を持つ夢幻美勒らと死闘を繰り広げた。ラ=グース細胞に敗れるも、未来での再来を予告して消え去る。

真田剣流

九度山に籠もる真田一党の主。かつての真田家指南役の娘・桔梗の養父が丑三の術で殺害され、その魔手が豊臣恩顧の武将に迫ったことから、猿飛らに命じて丑三の術の秘密を追わせた。実は自身も忍びの心得を持つ。

妖説五三ノ桐

大坂落城時に命を落とすが、“断末魔ノ術法”により四十九日のあいだ命をつなぎ、その間に秀頼を薩摩、そして南蛮に落ち延びさせようとした。刻限が来てまさに命尽きようとした状態で西念居士と単身対決し、相討ちとなって消えた。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー