メニュー
トップページ
作品一覧


取得中です。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(1571~1646)江戸時代初期の兵法家。柳生石舟斎の五男で、父の推挙を受けて徳川家の兵法師範となった。関ヶ原・大坂の陣で戦功があり、また政治的にも手腕を発揮、大目付などの要職に就任し、後に大名に列せられた。


西海水滸伝

九州の切支丹の不穏の動きに、息子・十兵衛を隠密として派遣する。また、千姫?を狙って竹橋御殿に出没する真田一党を迎え撃ち、筧十蔵を倒した。

忍者旋風シリーズ

柳生又右衛門として登場。父と共に竜煙の書争奪戦に参加するが、まだまだ心身ともに未熟であり、風魔小太郎に一撃で敗れ去り、瀕死の重傷を負った。「真田剣流」では半蔵の真田幸村暗殺失敗の原因究明に乗り出しすが、夜鷹に片足を断たれ、危ういところを風魔一族に救われた。

魔界転生(石川版)

自分の人生に対する心残りから魔界転生を行うが、転生完成前に術の媒体となった女性を十兵衛に斬られ、転生途中のおぞましい姿で復活。実の父とはいえ全く容赦しない十兵衛に倒されるが、死ぬ間際に父としての顔を見せ、敵である魔界の一端を垣間見せた。

魔剣士 黒鬼反魂篇

少年時代の柳生又右衛門として登場。大人びた聡明な少年で、父に連れられて訪れた京で斎藤伝鬼房、そして奥月桔梗と遭遇。桔梗の存在に恐怖を感じ、剣の道を断念するが、その代わりに父から「宗矩」の名を与えられる。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー