メニュー
トップページ
作品一覧


取得中です。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

真田十勇士の一人。浅井長政?の侍大将の遺児で、浅井家滅亡の折りに伊賀の百地三太夫に預けられ、その下で修行を積んだ。その後真田幸村の配下となり、大坂夏の陣でも大活躍。豊臣秀頼の脱出を助けて成功させたという。


虚無戦史MIROKU

霧のような肉体を持ち、いかなる刃も通用しない美青年。幸村によりドグラの分析を命じられるがその力に魅せられ、ついにはドグラと一体化して幸村に反旗を翻し全地球の支配を狙った。が、竜の艦のナビゲーターとしての記憶を取り戻した美勒に、ドグラごと飲み込まれて太陽に放逐された。

西海水滸伝

豊臣秀頼に従って南蛮より帰還した真田十勇士の一人で、才阿弥と名乗る。黒い僧衣を着た老者で、開聞岳で猿翁と共に秀頼を守っている。

真田剣流ほか

真田幸村に仕える長髪美形の忍者。大坂の陣を生き延びたらしく、その後もしばしば登場し、「風魔」「サスケ」では忍者連合軍の一人として主人公に加勢する。

藤丸地獄変

はぐれ透波初期メンバーの一人で、藤丸のライバル。霧を用いる忍術+剣術の霧双剣術を使う。冷静沈着な美青年だが、藤丸とはそりが合わず、力による全国統一を目指して決別した。後に藤丸らの最後の敵として十勇士を率いて登場。その際には全ての力を右腕に凝縮し左腕が消滅していた。
なお、望月千代女に拾われた際に巨大な白虎と共にあったと言われるが、同じ名を持つ天界十六神の一人、虎神・麗虎との関係が窺われる。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー