メニュー
トップページ
作品一覧


取得中です。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(1545~1613)江戸初期の幕臣。石見守。父は武田信玄に仕えた猿楽師。はじめ武田家に仕えたが、滅亡後徳川家康に従い、鉱山開発の才を認められて石見銀山・佐渡金山などの奉行を務め増産を果たした。死後、生前に不正・陰謀があったとされ、遺子七人が切腹に処せられた。


荒海の虹

病死と偽って佐渡島の海豚瀬に豪壮な屋敷を築いて隠棲。中国の海賊らを操って幕府御用船から御用金百万両を奪ったが、木暮月之介の活躍の前に阻まれた。

信玄忍法帖

その前身、武田の金山奉行大蔵藤十郎として登場。黄金狂と言ってよいほどの金に対する執着心を持つ。六字花麿漆戸銀平次の罠にはまり、武田信玄の生死を探るために利用された上、家康への手土産として、六字花麿に連れ去られた。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー