メニュー
トップページ
作品一覧


取得中です。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(921~1005)平安中期の陰陽家・天文博士。土御門家の祖。賀茂忠行・保憲父子から陰陽道・天文道を学び、天文博士・左京権大夫・播磨守などを歴任。「金烏玉兎集」「占事略決」などを記した。式神を駆使し、天文を解して事変を予知したと「今昔物語集」「古今著聞集」などに伝えられ、道摩法師による藤原道長?暗殺を察知したという。
「信田妻」「蘆屋道満大内鑑」などでは安倍保名と信田森の狐の間に生まれたとされ、蘆屋道満に殺された父を蘇らせ、道満を滅ぼしたという。


東京魔人學園外法帖

外法により少年の姿に転生し、鬼道衆の前に登場。実の娘である桔梗に対し、力を合わせて人間を淘汰しようと呼びかけ、拒んだ彼女らを倒そうとした。が、その真意は娘に会ってその力を試し、またこの戦いの黒幕の存在を告げることにあり、娘と束の間心を通わせた後、消滅した。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー