メニュー
トップページ
作品一覧


取得中です。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(1795~1832)江戸後期の盗賊。名は次郎吉。警戒の薄い武家屋敷専門に盗みを続け、逮捕された際には記憶にあるだけで一万二千両、百余箇所の盗みを白状した。品川で獄門とされたが、死後に小説、講談等で義賊に仕立て上げられた。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー