※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「構成案1」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

構成案1」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 なぜ、今人権擁護法案の反対活動をするのか?を
 ソース入りで解説する流れを作ってみました。
 
 キャラクターが引用をバックにして解説していくイメージで考えてみました。
 口調や構成やセリフは自由に変えて下さい。
 
 
 
 
 
 こんな馬鹿げた法案が可決されるわけ無いと思うでしょう。常識的に考えて。
 では、実際どうなのでしょうか?
 
+結果からいうと、国会に提出された場合、間違いなく可決されます。
+
+産経ニュースを見てみましょう。
 引用
  推進派は「今国会が法案成立のラストチャンス」(党幹部)とみており、
 人権問題調査会を今後2、3回開いた上で3月にも総務会で党の了承を取り付けたい考え。
 公明党は法案に概ね賛成している上、民主、社民両党などにも賛成派が多いだけに
 「国会に提出してしまえば何とかなる」
 (推進派中堅)との読みもあるようだ。
 
 http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080212/stt0802122004000-n1.htm
 
 解説
 自民党、公明党、民主党、社民党が賛成な訳です。
+与党も野党も賛成な訳です。
 これをどうやって否決するのでしょうか?
 否決させる方法があったら教えてください。
 
-ですからなんとしてでも、自民党から法案が提出されるのを阻止する必要があります。
+ですからなんとしてでも、自民党から国会に法案が提出されるのを阻止する必要があります。
 
 
+では、自民党内でこの法案の賛否はどうなっているのでしょうか?
 現在の自民党内ので賛成派、反対派の勢いを見てみましょう。
 
 自民党には力を持つ重要な党4役というものがあります。
 自由民主党最高幹部を表す最も端的な用語です。
 党4役に就いている人達が法案提出に大きな影響を与えます。
 
 
-どの位影響があるか例を挙げます。
+どの位影響があるか実際の例を挙げます。
 
 
 引用
 推進派は今年に入り、若手・中堅を個別に呼び出し、説得工作を続行。
 党4役で法案に慎重なのは伊吹氏しかいないこともあり、
 若手からは「本音は反対でも次の選挙を考えると党執行部に逆らえない」と悲鳴が漏れる。
 「4月内閣改造説」が浮上していることも「閣僚ポスト待ち」の中堅以上に重しとなっている。
 http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080212/stt0802122004000-n1.htm
 
 解説
 推進派では選挙対策委員長の古賀誠が
 次の選挙をチラちらつかせて
 法案に反対の若手・中堅議員に賛成するようにし向けています。
 さらに4月内閣改造説を流すことにより
 暗に「次の大臣になりたければ賛成しろ」
 という踏み絵的な工作も行っています。
 
 職権乱用とも言えるやり方で法案に賛成させようとしています。
 
 
 
 では、現在党4役に就いている自民党議員を見てみましょう。
 
 自由民主党総務会長:二階俊博 
 政務調査会長:谷垣禎一    
 選挙対策委員長:古賀誠    
 幹事長:伊吹文明   
 
 このうち誰が賛成しているのか?
-
-産経ニュースを見てみましょう。
+まず古賀誠さんと二階俊博さんが賛成しています。
 
 引用
 福田政権では古賀誠選対委員長や二階俊博総務会長ら推進派が党の要職を占めており、
 ジワジワと包囲網を構築。
 http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080212/stt0802122004000-n1.htm
 
 解説
 古賀誠さんと二階俊博さんは推進派だから賛成派ですね。
 
 自由民主党総務会長:二階俊博 賛成
 選挙対策委員長:古賀誠    賛成
 政務調査会長:谷垣禎一    
 幹事長:伊吹文明   
 
 
 では政務調査会長:谷垣禎一さんはどうでしょうか?
+この方も賛成派です。
 
 引用
 鳩山邦夫法相は30日午後、自民党の谷垣禎一政調会長らと党本部で会い、
 政府が通常国会への再提出を目指す人権擁護法案について「与党内にも様々な議論があるが、
 ぜひ、意見をまとめてほしい」と要請した。
 谷垣氏は「努力する」と応じた。
 http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20080131AT3S3000L30012008.html
 
 解説
 「努力する」といったので賛成です。
 谷垣さんは古賀誠さんと同じ宏池会という派閥なので同じ賛成になるのは当然です。
 
 自由民主党総務会長:二階俊博 賛成
 選挙対策委員長:古賀誠    賛成
 政務調査会長:谷垣禎一    賛成
 幹事長:伊吹文明    
 
 
 最後の幹事長:伊吹文明さんはどうでしょうか?
+この方は反対しています。
 
 引用
 2007.11.30 23:48
 人権擁護法案の審議機関である自民党人権問題調査会(会長・太田誠一元総務庁長官)が、
 12月3日の活動再開を前に早くも足並みが乱れ始めた。
 伊吹文明幹事長は顧問就任を「了承していない」と不快感を表明。
 他のメンバーも「事後承諾だった」と不満をもらしており、
 来年の通常国会提出に向け、意見がまとまるか微妙な情勢だ。
 「何の了解もなく顧問にさせられ、私の人権は侵害された。よって、もう会合には行かない!」
 30日午前、党総務会終了後、伊吹氏は、太田氏に厳しい口調でこう通告し、
 釈明も聞かずにその場を後にした。
 http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/071130/stt0711302348010-n1.htm
 
 解説
 反対ですね。
 勝手に人権問題調査会の顧問にさせられたみたいです。
 キレて当然です。
 
 自由民主党総務会長:二階俊博 賛成
 選挙対策委員長:古賀誠    賛成
 政務調査会長:谷垣禎一    賛成
 
 幹事長:伊吹文明    反対
 
 3対1で反対派が非常に不利な立場にあります。
 
 
 そして、もう一人法案提出に影響力を与える人がいます。
 鳩山法務大臣です。
+この方も賛成しています。
 
 引用
 2007.10.28 18:48
 鳩山法相は24日の衆院法務委員会で「さまざまな問題点をクリアできる方法を考え、
 人権擁護法案は国会に再提出したいと考えている。
 日本に人権擁護法案がないというのは実に情けないことではないか」と答弁した。
 http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/071028/stt0710281848003-n1.htm
 
-賛成です。
+鳩山法務大臣は賛成ですね。
 
 自由民主党総務会長:二階俊博 賛成
 選挙対策委員長:古賀誠    賛成
 政務調査会長:谷垣禎一    賛成
 法務大臣:鳩山邦夫      賛成
 
 幹事長:伊吹文明    反対
 
 これで賛成4、反対1です。
 相当やばい状態です。
 
 
 そして、この他に法案提出に大きな影響を与える人がいます。
 福田内閣総理大臣です。
 
 では、福田総理は法案には反対なのでしょうか?
 
 引用
 2008.1.23 18:24
 「わが国には子供や老人、女性に対する暴力や、
 差別、偏見など数々の人権問題が存在すると言わざるを得ず、
 人権の擁護は重要な課題だ」
 
 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080123/plc0801231824005-n1.htm
 (ニコニコに動画があるのでこれ載せてもいいですね。)
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm2120377
 (耳が聞こえない方の為にテキストも貼った方がいいと思うのだけど、
 手間もかかるから)
 
 
 解説
 賛成の様です。
 
 自由民主党総務会長:二階俊博 賛成
 選挙対策委員長:古賀誠    賛成
 政務調査会長:谷垣禎一    賛成
 法務大臣:鳩山邦夫      賛成
 内閣総理大臣:福田康夫    賛成
 
 幹事長:伊吹文明    反対
 
 これで賛成5、反対1です。
 
 
 
 
 賛成多数で法案提出されない方がおかしいですよね。
 
 だから今、国民が抗議行動をしなければならないのです。
 我々の国を悪徳政治家の思い通りにさせてはならないのです!
 
-
+-----------------
+**編集人意見
 長くなっちゃうかな。
 3月が山場だというのもいれたいんだけどなぁ
 
 図で説明したのも載せた方が良さそうですね
 
+--------------------
 **添削コメントメモ
 ですが、後半は省いたほうが良いかもしれません。
 萌えとノット萌えでは署名やFAXの誘導を優先したいと思います。
 一般向けには、多少長くても入れましょう。