※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エイベックスの対応(09/08~09/29)

2005/09/09

avex所属アーティストmoveの木村氏、blogにてavexから圧力がかけられた、とコメントされました

2005/09/10

MUZOからのまネコ問題について「MUZOの見解」が追記

2005/09/13


2005/09/14

ASK 特定非営利活動法人アスク(アルコール薬物問題全国市民協会)がavex社に送付した要望書に 不備があったため、謝罪・訂正した要望書を再送付
不備の内容:ネット上のフラッシュアニメとエイベックス社のDVDのフラッシュアニメとを混同したこと。 エイベックス社のアニメには、「死ぬまで飲め!」といったイッキ飲み強制シーンはなかった。
ASKからの要望の概要:エイベックス社のDVDにイッキ飲みの強制場面がないことは確認したが、 「のまのまイェイ」という歌に乗り、イッキ飲みシーンが繰り返し出てくるのは、イッキ飲みを助長するもの。
そのため、以下の3点を要望。
「恋のマイアヒ」DVDはじめ関連商品からイッキ飲みととられる場面を削除すること
「のまネコ」グッズにお酒を持たせないこと
社としてイッキ飲み防止のため何らかのアピールをすること

MUZOが「MUZOの見解(9/14部分をご覧下さい)」を更新

2005/09/17

pya!に掲載されていた「わた」氏の(昨年10月頃に公開された)FLASHを公開停止

2005/09/20


エイベックス社から、マスコミ各社に訂正文を送付するよう求める16日付書面が届く。

付言として、同社のフラッシュコンテンツでは、「ネコは他のネコに対して一気飲みを強要しているのではなく、 他のネコが一気飲みをしている状況を制止しようとしている映像になっております」と、 イッキ飲みを助長するものではないと主張する記述があった。

2005/09/22

のまネコ、米酒に関して商標登録が出願されていることが、 特許電子図書館の更新により発覚する

2005/09/23

エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社から 「「のまネコ」に関するエイベックスネットワーク株式会社の発表について」発表される

2005/09/25

2ちゃんねる管理人、西村博之氏がavexに公開質問状を送付

2005/09/26

アスキーアート愛好者有志一同が、avexにのまネコ問題に関する公開質問状を送付

2005/09/29

ASK 特定非営利活動法人アスク(アルコール薬物問題全国市民協会)がavex社に要望書を再度送付。

「イッキ飲みシーンが繰り返し登場し、ジャケットにも同様のシーンが掲載されている」ことから、 「エイベックス社にはイッキ飲みシーンをアピールする意図があると考える」ことを書面で伝え、 前述の3つの要望を再度訴えた。同日、要望書の訂正も含めたこれまでの経緯をマスコミ各社にFAX。

2005/09/08~2005/09/29までの反応

名前:
タイトル:
本文:
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|