|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

カイロ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カイロ

(・∀・)イイ点

  • 安いから大量に買えて大量に送れる。
  • 「以前、インドの方にあげたらすごく喜ばれました」という旅行者さんの意見も。

(・A・)イクナイ点

  • 極寒(-20℃)のパキスタンでは中の食塩水が凍ってしまう。
※インドの山の上ではちゃんと使えたそうです。
  • 知らないものに対しての抵抗感
  • 使い方が解らなくて火傷してしまうかも。
 (モナーが使い方を説明しているシールとか貼ればおk)
  • 使い終わったらゴミになってしまう。(重要)
※小袋の中身が土に戻せるカイロ「エコポッカ」ってのもあるらしい。

~使い方が解らなくて火傷してしまうかも。~
(モナーが使い方を説明しているシールとか貼ればおk)

言葉の違う相手に対面してでなく使い捨てカイロの使い方を絵で示すとすると、
  • 外袋から中の小袋を出す
  • 布などで包んで皮膚に直接当てない
  • 一回冷たくなったらおわり
  • 中身は食べちゃだめ!使い終わるまで破ってもだめ!
  • ずっと同じところに当てておくとやけどのおそれあり
  • 小袋は振ると(早く)温まります

他にも注意するべき事柄募集中です。

エコポッカを送る場合でも、以下等は入れないほうが良いです。
  • 使い終わったら袋を破って中身を土に撒いてください。
  • 外袋は燃やせます。(有害なガスが出ないそうです)
パキスタンの人には、他のカイロとエコポッカとの区別がつきにくいので、他のカイロが送られた時に、そのカイロの中身も撒いて良い、外袋は燃やせる、という説明が付いてしまう恐れがあるので。
(他のカイロは、中に入っている食塩が土地の植物を枯らしたり、土壌をダメにしてしまう恐れがある。)

~エコポッカに聞いてみた~

やはり、-20度とかになるとう~んとうなっていた
聞いてみると日本でも北海道とかは逆に売れないらしい
しかし、それは既に防寒対策が出来ているからであって
パキスタンの今の現状を考えればないよりあったほうがいいでしょうねといっていた

パッケージの変更は20万とか15万とかの単位じゃないと無理だろうとのこと
それでも判代はかかるから、そちらでシールとかのほうがイイと言っていた

値段については数によるのでなんとも言えないと言っていた
通常量販店で見かける安いものとくらべれば少し高いと思ってくださいとのこと
しかし、基本的にはそんなにかわらないとのこと(びっくりする程高いわけじゃない

中身が鉄なので空輸とかになるとものすごく高いそうだ
大使館を使って持っていく話をしたらそのほうがいいといわれた