1.目覚め

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「うっ」

誰かの呻き声で新井貴浩(25)は覚醒した。頭はまだ、霧の中を彷徨っているようにぼんやりしている。
やっとのことで分かったのは、呻き声は自分が発したものだったということだけだ。

…それにしてもいつの間に眠ってしまったのだろう。
召集に応じて集まり、同級生たちとふざけて笑っていたところまでは覚えている。

…何かがおかしい。

ひんやりとした床の温度が手のひらに伝わって、新井はまじまじと床を見た。
皆が集められたあの部屋は、こんな風にモルタルの床だったっけ?
それから何故自分は寝てしまったのだろう。寝不足などではなかったのに。

「何が…」
ふと横を向くと横山竜士(23)が床に突っ伏していた。
ご丁寧に右肩を上にして、肩に負担がかからないようにしている。
(無意識に利き腕や肩を庇うのは本当なんだな)
(それからこいつ、ユニフォームなんていつ着たんだ?)

無性に可笑しくなって、笑おうとして…凍り付いた。

自分も目の前の同級生と同じく、ユニフォームを着ていたからだ。
自分だけではない。狼狽して辺りを見回すとチームメイトがばたばたと倒れていて、その全員がユニフォームを着ている。

ただならぬ雰囲気を感じて、新井は思わず横山を揺すった。

「何だよ…やめろよ」
寝ていた横山は乱暴に揺する新井の手を面倒臭そうに払い除ける。
それでも揺すり続ける新井に半ば観念したように、横山は身を起こした。

「何だあ?ここどこだよ」
ぽかんとしている横山に新井は状況を説明しようとして、自分に向けられている訝しげな視線に気付いた。

「…お前、何、それ」

横山の視線は自分の首元に向けられている。新井は恐る恐る首元の違和感に向けて手を延ばした。

ヒヤリ。無機質な金属の冷たさが指先に伝わる。

「な…何だこれ?」
「自分で付けたんじゃねーのかよ」
「ちょっ、これどうなってる?」
「どうなってるも何も、首輪か?それ…」

横山は笑った。しかし、その笑顔が数秒後凍り付いたのを新井は見た。
横山も同様に金属の冷たさを首に感じたに違いない。
「ちょっと待てよ、何だよこれ!」
横山が突然上げた大声に眠りを遮られたチームメイト達が、次々と身を起こす。
たちまち部屋の中が疑問とぼやきで一杯になった。

「何でお前らユニフォーム着てんの?」「馬鹿、お前も着てんじゃねえかよ」
「ええ?着替えた覚えなんかねーよ」「つーか、どこだ?ここ」

誰もが明確な答えを欲しがっている状況で、新井は周りをきょろきょろと見回した。

どうやら最初に集められた場所から、知らぬ間に移動したらしい。
(でも、どうやったらこんな大男ばっかり移動できるんだ?)
今現在自分達が居るのは、学生時代を思い出す、まるで教室のような…いや本物の教室か。教壇と黒板がある。
教壇の上にはテレビが載っているが…あれはちゃんと映るのだろうか、配線が全く無いように見える。
窓の外は暗くてよく見えなかった。集まったのは朝だから…どうやら結構な時間眠っていたらしい。

部屋の隅の方では前田智徳(1)が仏頂面で腕組みをしていた。
少し離れて、緒方孝市(9)が本当に静観しているといった感じで座っている。
浅井樹(6)も腕組みをして後方から状況を見ていた。そのさらに横には佐々岡真司(18)がいる。

(きっと大丈夫だ)
新井が少しホッとしたとき、部屋の扉が突然開いて誰かが慌ただしく駆け込んできた。

「静かに!」
大声で皆を制止したのは、見慣れた顔であった。
「奉文?…何だよ、それ」
紛れもなく今季まで一緒に同じグラウンドで汗を流した仲間。

その仲間が、機関銃を自分達に向けていた。
静かにしなければ殺す、とでも言うかのように。

「冗談やめろよ、なあ」
松本の隣には同じく戦力外を通告された田村がいた。
同じように機関銃を携え、こちらに向けている。
新井は目眩を感じた。納得できる説明が欲しい。

静まらない室内に呆れたかのように、松本奉文が銃口を少々下げた。
そして、引き金を引いた。

パラパラパラ…と雨が強く打ち付けるような音が止むと、室内に静寂が訪れた。床に無数の穴が空いて埃が舞っている。
「……全部これから説明されますよ」
松本の声に冷たさと得体の知れない恐怖を感じ、新井は身を震わせた。
おかしい。明らかにおかしい。これは夢なんじゃないか?

混乱する元チームメイト達をよそに田村がテレビの配線を繋いでいる。
横で松本が元チームメイト達に銃口を向けている。

夢だと言ってくれ!新井の声にならない叫びをまるで無視するかのように、
テレビの画面がブンッ、と音を立て見えるようになり、聞き覚えのある声がスピーカーから流れだした。

【生存者残り42人】


リレー版 Written by リレー開始 ◆WX10dB5Sm2
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
MENU


■ リレー版





取得中です。