14.Say anything

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

何か言ってください。
お願いです、何か言ってくださいよ。
何か。
喋ってください。口聞いてください。
ただでさえ緊張するのに…なんですか、冗談ですか。
だったら笑えないっすよ。
やめましょうよ。

昔からテレビでプレー見てました。
すげえって思ってました。
ずっと憧れだったんです。
同じチームになって近くで見て、改めて思いました。
……本当にすげえって、心の底から。

実はまだ、こうして向かい合うのだって勇気いるんですよ。
尊敬してるんです。
外野にコンバートされた時に、頑張れよって声かけてくれたじゃないですか。
憶えてますか。
あれ、俺、メチャクチャ嬉しかったんです。
その後もやっぱり、ほとんど見てるだけしかできなかったけど。
いろんな話をしたかったんです。
バッティングのこと、守備のこと、走塁のこと。
本当は色々、教えて欲しかったんです。


こんな首輪つけられて殺し合いとか言われたら、普通焦りますよね。
そうでもないですか…?でも、少なくとも俺は焦ってて。無茶苦茶焦ってて。
夢中で走りまくって、やっと人に会えてほっとしたんです。
しかも、一番頼りになる人に…って。安心したんです。
だから何か言ってくださいよ。お願いします。
取り合えず手、下ろしてください。だってソレ、銃じゃないですか……正直、ちょっと怖いんです。
だからすみません、やめてください。

やめましょうよ、嘘でしょう?
どうして何も言ってくれないんですか。
冗談だって言ってください。お願いします。
緒方さん!
何か…何か言ってください!お願いします!
「……………緒方さぁぁん!!」

― ぱんっ ―
緒方孝市(9)の右手で、乾いた音がした。
続けて二度、三度。
例えるならそれは、物語の途中で厚い本の表紙が閉じられた時の音に似て。
次いで訪れた静寂が、全てが終わった事を告げていた。

緒方は何も言わずにそこに立っていた。
その目の前で、井生崇光(64)の身体が、まるで朽ちた木が倒れるように崩れ落ちる。
左胸から流れ出た血が、舗装された道路に水溜りのように広がった。
それは月の明かりを白く映しながら、やがてゆっくりと地面に染み込んでいく。
海へ向かって緩やかなカーブを描く道の中央で、井生の時間はもう動かない。

緒方は何も言わずそこに立っていた。
【井生崇光× 生存者残り40名】



リレー版 Written by ◆yUPNqG..6A


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
添付ファイル
MENU


■ リレー版





取得中です。