※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

丁(ちょう)


本来は「T」なのだが、元々単位として利用される言葉であり、活字上の誤植があったのか誰かが読み間違えたのか、日本語としても「ティー」では通りにくいのも手伝って、この言葉が広まってしまった。しかも「てい」ではない。

同義語
T
関連語
スプロケット(未作成)」「単位(2)」「丁字路(未作成)」「ドライブスプロケット(未作成)」「ドリブンスプロケット(未作成)

2007年04月30日