※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

時差式信号機

対向する交通量の差が大きい交差点(未作成)、特に片側の右折(未作成)車だけが多い交差点で、右折(未作成)しきれなかったによって発生する渋滞(未作成)を解消するために導入されている信号制御方法。

片方を先に赤信号にして、溜まっているもう片方のだけをしばらく流す、という制御が主体。

通常の信号パターン(未作成)とは違うので、それを知らせるために看板を下げている。また、看板だけでは右折(未作成)車がいつ時差制御しているか判断しづらいため、右折信号(未作成)を点灯させたり、特別な電光掲示板で時差制御中であることを知らせている場所もある。

関連語
感知式信号機(未作成)」「信号機

2007年04月30日