※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

移動式オービス

1BOX商業車に積み込めて、自由に運べるタイプのオービス(未作成)。通常の固定設置型とは違って、場所を特定されないメリット、特定できないデメリットがある。

レーダー式(未作成)光電管式(未作成)があり、光電管式(未作成)の場合は直接には事前に察知することもされず、できず、強力である。利用方法には、写真撮影後、後日出頭命令(未作成)が送付されるパターンと、通常のネズミ捕り(未作成)同様、直後に停止命令を出して写真を証拠にその場で切符(未作成)を切るパターンがある。

一般的に昼間よりも夜間の配備が多い。路肩(未作成)路側帯(未作成)、駐車スペース、車輌進入禁止区域に、後部の窓をスモーク(未作成)で覆った1BOX商業車が停まっている場合はかなり怪しい。地域によって配備数に差があり、東京の首都高速での利用は有名。関東、東海が主体で、関西ではかなり少ないのだが、広島県警が高速(未作成)一般(未作成)問わず好んで使うことが一部で知られている。近年では、通常のオービス(未作成)の後に重ねて配備している例がある。

関連語
オービス(未作成)

2007年04月29日