※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

低速トルク

低速で走行している時のトルク(未作成)を指すが、本当はエンジン回転数(未作成)が低い時のトルク(未作成)、つまり「低回転トルク」であると言える。ほぼ、低速かつ低回転の状態で発するトルク(未作成)を意味するからだ。

低回転からある程度強いトルク(未作成)がある方が、ストップアンドゴーの多い街乗り(未作成)で乗りやすくなるし、車重(未作成)が重くても運転しやすい。レース(未作成)スポーツ走行(未作成)立ち上がり(未作成)でも、無理に高回転を維持する必要がなく有利である。

しかし一般的に、低速トルクを太らせると最高出力(未作成)は高くなりにくい出力特性(未作成)になってしまう。

関連語
気筒(2)」「出力特性(未作成)」「トルク(未作成)」「トルクバンド(未作成)」「馬力(未作成)」「ロングストローク

2007年04月30日