※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レシプロエンジン(reciprocating engine(英語))

動力を生み出している部分が「ピストン(未作成)の往復運動」であるエンジンの総称。たいていが往復運動をクランク(未作成)で回転運動に変換し、動力源として利用している。

燃料(未作成)も仕組みも様々だが、このうち、ガソリン(未作成)燃料(未作成)にすガソリンエンジンバイクの動力源に使うもののほぼ全てを占める。

大型自動車に多いディーゼルエンジンピストン(未作成)が往復しているため、レシプロエンジンの仲間である。

英語では表題のようなつづりになるが、日本語では短縮して呼ばれる。「reciprocate(英語)」は往復運動の意味。その現在進行形。完全に日本語にすると「往復動機関」「往復機関」。

関連語
エンジン」「ガスタービンエンジン(未作成)」「ガソリンエンジン」「ディーゼルエンジン」「ロータリーエンジン(未作成)」「2ストロークエンジン(未作成)」「4ストロークエンジン(未作成)

2007年06月25日