※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

廃油処理箱


使用後の油は、布などに吸わせておけば可燃ゴミとして処理されるようになるが、これは、それ専用のダンボール箱。自分でエンジンオイルを交換する時などに必要になる。

中には、綿のようなものが詰められたビニール袋が入っており、ここに廃油を流し込み、袋の口をしばって、箱の隙間をガムテープで止めてゴミの日に出せば良い。

ただし最近は「調理油はOKだが機械油の場合は一般ゴミとしては回収しない」という規定の自治体も増えており、その場合はガソリンスタンド(未作成)などに持ち込んで引き取ってもらわなければならない(この場合は廃油処理箱に吸わせず、缶などに入れてそのまま持って行く)。そういう規定がない場合は、わりと幅広い可燃性の液体の処理に使える便利なアイテム。

パーツショップ(未作成)ホームセンターで売られているが、簡単な物のくせに、微妙な価格がついているのが珠に傷。容量ギリギリの物を買うと、飛び散ったりあふれたりしてオイルまみれになりやすいので、余裕のある大きめのサイズを買う方が良い。

同義語
オイル処理箱」「オイルパック」「廃油パック
関連語
エチレングリコール」「エンジンオイル

2007年04月30日