※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2段がけ


急ブレーキ(未作成)タイヤ(未作成)に対してそのグリップ力(未作成)を超えた挙動をさせてしまった時に、ロックが発生するのだが、
大きく分けると、以上の 2種類の要因による。この後者を軽減するブレーキ(未作成)のかけ方がこれ。

具体的には、
  1. ほんの一瞬だけ中程度のブレーキ(未作成)をかけた後、
  2. そこから必要な分だけ追加でブレーキレバー(未作成)を握る。
と、文字通り 2段階に分けて操作を行う。一瞬というのはフロントフォーク(未作成)が軽く沈み込むだけで良く(ダンパー(未作成)を一度作動させる)、急速な動きを一気に長時間かけないのがこの操作の全てである。

パニックブレーキ(未作成)時にもこれができるように、普段から意識しておくとよい。

関連語
手動ABS(未作成)」「握りゴケ(未作成)」「パニックブレーキ(未作成)」「ロック(1)」

2007年05月23日