※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

熱かじり

ボルト(未作成)ネジ山(未作成)に入り込んだ異物が、高温でこげ付いてガチガチに固まってしまった状態。場合によってはより高い温度でネジと本体がごくわずかにとけてしまい、癒着してしまうこともある。エンジン回りやブレーキキャリパー(未作成)といった高温部で発生する。

完全な溶接状態になることはまずないが、緩める時にその固さからボルト(未作成)を傷めやすい。

これを防ぐには、ネジ山(未作成)モリブデン(未作成)入りの潤滑(未作成)剤を塗っておけばよい。特にスパークプラグ(未作成)の取り付け時には必須の作業。

関連語
インパクトドライバー」「モリブデングリス(未作成)」「モリブデンペースト(未作成)

2007年05月23日