※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

扁平率

平たく言うと平べったさ。

ホイール(未作成)に組み付けた時のタイヤ(未作成)の最大横幅とリム面から接地面までの幅の比率。簡単に言えば、どれだけタイヤ(未作成)の断面が扁平かということ。単位は%で表される。100ならば完全な円形。50辺りになるとかなりつぶれただ円形となる。

二輪車(未作成)四輪車(未作成)では少し扁平率に対する考え方が違うが、二輪車(未作成)においては以下の様な傾向が見られる。
扁平率が低いほど タイヤ(未作成)が路面に押し付けられる力が強くなり、グリップが向上し、より路面にパワー(未作成)が伝わりやすくなる。ハンドリング(未作成)が重くなり、転がり抵抗(未作成)も増える。
扁平率が高いほど タイヤ(未作成)が路面に押し付けられる力が弱くなり、限界時のグリップ力(未作成)に欠け、パワー(未作成)が路面に伝わりにくくなるが、ハンドリング(未作成)や操作感全体が軽快になる。

この傾向から、出力が大きいエンジンほど扁平率の低いタイヤ(未作成)が向いている。扁平率の低いタイヤを製造しやすいラジアルタイヤ(未作成)の普及と大排気量車の高性能化に伴い、50程度のかなり低い扁平率が実現されている。

関連語
タイヤ(未作成)」「タイヤサイズ(未作成)」「扁平(未作成)

2007年05月31日