※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

穴開きディスク


元々は1970年代末にブレーキ(未作成)鳴き(未作成)対策としてカワサキが穴を開けたのが始まりだが、その後ブレーキパッド(未作成)の材質の進化によって積極的にローター(未作成)側で鳴きをおさえる必要がなくなり、
が現在での目的になっている。ブレーキパッド(未作成)との接触面積が減ってブレーキ効力が弱くなりそうにも思えるが、そのデメリットをメリットが上回っているため、一般的になっていると思われる。

この構造は、他のや機械のディスクブレーキ(未作成)では見られない。バイクだけがローター(未作成)が露出する構造であるからと言える。

関連語
ウェーブディスク(未作成)」「ディスクブレーキ(未作成)」「ディスクローター(未作成)」「ペータルディスク(未作成)」「ベンチレーテッドディスク

2007年04月28日