※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アンチノーズダイブ(anti nose-dive(英語))

テレスコピック式フロントフォーク(未作成)の特徴的な挙動であるノーズダイブ(未作成)を、極力回避するための仕組み。フロントフォーク(未作成)が沈む時にフォークオイル(未作成)を逃がすためのバイパス(未作成)孔を設けてあるのが主な原理。

1980年代後半~1990年代前半に流行したが、ブレーキング(未作成)時に乗車姿勢が変わるというデメリットよりも、タイヤ(未作成)を押し付ける効果によってブレーキング(未作成)の限界が上がることが重要視され始めたたことや、長年の慣例からは操縦性の違和感があることから急速に廃れ、現在ではテレスコピック式フロントフォーク(未作成)を採用するバイクノーズダイブ(未作成)をおさえる機構を備えたものは、生産されていない。

関連語
テレスコピック式フロントフォーク(未作成)」「デュオレバー(未作成)」「テレレバー(未作成)」「ノーズダイブ(未作成)」「ハブステアリング(未作成)」「フロントフォーク(未作成)

2007年04月28日