※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

圧側減衰力(あつがわげんすいりょく)

前後のサスペンション(未作成)ショックアブソーバー(未作成)が縮む方向に動く時に働くダンパー(未作成)の性能。つまり、どれだけ縮む速度を落とす、または止めるかを決める。強めれば、強いショックを受けても余計な動きをしなくなる。弱めれば、弱いショックでも良く反応して吸収してくれるようになる。

縮み側減衰力とはまず呼ばない。

一般的なセッティング(未作成)

フロントフォーク(未作成)の場合

強める・かける 弱める・抜く
大きな、または高速でギャップ(未作成)を踏んだ場合 適当に強めればハンドル(未作成)振られ(未作成)にくくなる 急激に動き過ぎてハンドル(未作成)振られる(未作成)
小さな、または低速でギャップ(未作成)を踏んだ場合 ハンドル(未作成)にいつもゴツゴツと衝撃がくる 小さな物もよく吸収して乗り心地が良くなる
強いブレーキング(未作成) 沈み込みすぎずコントロール性(未作成)が上がる 急激にノーズダイブ(未作成)しすぎてコントロール性(未作成)が下がる
バンク開始から旋回(未作成)中の姿勢 積極的に荷重(未作成)をかけないと前上がりになって切れ込む(未作成) 車体なりに乗っても前下がりになってコントロールしやすい
コーナリング(未作成)中のグリップ(未作成) フロントタイヤ(未作成)側が下がる、押さえないと抜ける フロントタイヤ(未作成)側が上がる、押さえ込める

リアサスの場合

強める・かける 弱める・抜く
大きな、または高速でギャップ(未作成)を踏んだ場合 後ろは安定する 後ろが不自然にはずむ
小さな、または低速でギャップ(未作成)を踏んだ場合 神経質にはずむが、路面状態が良く分かる はずま乗り心地(未作成)が良くなるが路面状態が分かりにくくなる
強いブレーキング(未作成)からのリリース(未作成) 姿勢変化が少ない 前上がりになってしまいバンクしにくい
コーナリング(未作成)中のグリップ(未作成) リアタイヤ(未作成)側が下がる、荷重が足りないと抜ける リアタイヤ(未作成)側が上がる
リアタイヤ(未作成)が滑った時 コントロールしやすい コントロールしにくい

対義語
伸び側減衰力(未作成)
関連語
イニシャル(未作成)」「ショックアブソーバー(未作成)」「サスペンション(未作成)」「サスペンションセッティング(未作成)」「ダンパー(未作成)」「ダンピングアジャスター(未作成)」「バネレート(未作成)」「プリロード(未作成)」「フロントフォーク(未作成)」「リアショックアブソーバー(未作成)

2007年04月28日