もうじき僕は歌わない。@Wiki blog > 2006年02月24日 > ナウズ レポート 019

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
まあ、そう興奮しないで。
ショックを受けた理由は大きく2つあると思います。

1つ目。
「間に合いそうにもないよ」という発言とともに自信が伺える言葉があったこと。良い作品と自信があるからこそ、余計にこだわりを捨てられない、その姿勢は尊敬に値すると思います。と思っていました。

2つ目。
単に自分が混乱している中で、他人が自信をアピールしたこと。

これが下記の発言の元になっています。
この発言で、あまりショックを受けないでくださいね。
僕はね、今回久しぶりの作品になります。
僕が書かない間も、ioはずっと書いてきました。
そしてその作品にはいつだって魂がこもっていたし、実際に書いてみると「難しい作業」だってことを痛感します。
それに挑む中で困難にぶつかったとき、改めて他の書き手の凄さを切に感じるわけです。

こういう背景あっての発言です。
ショックなのは、君が僕の中でいつでもすごくて、僕が甘ちゃんだからなんですよ。
おわかりいただけたかな?



カテゴリ: [ヒナタ] - &trackback- 2006年02月24日 23:23:09

#blognavi