もうじき僕は歌わない。@Wiki blog > 2005年11月21日 > タイトルの解釈

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
この小説は、当初僕が想像した以上に難しいものであるのかもしれません。それとも僕が難しくしているのだろうか?
その理由はタイトルの「歌わない」にあると言えるでしょう。
自分で否定している。このような状態は暮らしの上でそうそう見られる光景ではないはず。そもそも、何を歌うって言うの?

何よりも元となった詩は全く理解できないのは痛い。
おそらく100回読んでも理解に到達することはできないのかもしれません。
少し興味が惹かれたのは以下の2行。

身にしむ僕のメロディーで、
瀕死(ひんし)の僕と気づかぬか?

これが僕なりの都合の良いタイトルの解釈に役立つのではないか、と思っています。

考えなければならないこと。つまりこれは解釈と想像力の問題。
①「歌わない」というのは、何を歌わないのか?
②他にこの行為を何かに例えることはできないのか?
③どうして歌わないのか?歌う必要性がなくなったから?
それとも、歌えなくなってしまうから?

どちらにしても僕にとって、「歌わない」という表現をそのまま用いることは制作を難しくさせてしまうから、自分に都合の良い解釈をする必要があるようなのです。



カテゴリ: [ヒナタ] - &trackback- 2005年11月21日 22:20:11

#blognavi