捕蛇者説 訳


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

永州の野原には変わった蛇がいる。
黒い体に白い模様があった。
草木に触れれば尽く枯れ、人を噛めばこれを防げる人はいなかった。
しかし、これを捕まえて干し、飲み薬を作れば痛風、手足の痙攣、首のできもの、皮膚病を癒すことができて、腐った皮膚を取り除き、三虫を殺すことができた。
(以上の第一段落は毒蛇で薬を作れることを述べている。)

元々は皇帝の医者が皇帝の命令で蛇を集め、一年に二匹を税金として割り当てた。
蛇を捕まえることの出来る人を募集して、それを税金に当てた。
永州の人は争って走り回った。
※蒋氏という人がいた。
その権利を三世代にわたって独占した。
彼にこれを質問したところ、
「私の祖父も仕事(=蛇を捕まえること)で死に、父も仕事で死んだ。今私は仕事を継いで12年この仕事をしている。死にかけたことが何回もある。」
と言った。
蒋氏がこう言うときの顔つきはいかにもつらそうだった。
私はこれを哀れに思った。※
さらに言った。
「あなたはこれ(=仕事)を悪いことだと思うのですか。私はこれから役人に話しをしてあなたの仕事を変え、あなたの税金を元に戻そうと思う。そうしたらどうでしょうか。」
蒋氏は大いに悲しみ、ぼろぼろと涙を流して言った。
「あなたは私を哀れんで生き永らえさせようとしているのですか。
しかし私のこの仕事の不幸は、税金を元に戻す不幸のひどさほどではない。(→私の今の仕事のほうが税金を戻すよりはましだ。) 
以前私がこの仕事をしていなかったとき、もう既に長い間苦しんでいた。
私の家三世代がこの村に住んでから積もりに積もって60年になる。
しかしながら、隣近所の人々の生活は日に日に窮迫し、この地のとれるものは全て差し出し、家の収入も全て出し尽くした。
泣き叫びながらよその土地へ移っていった。
皆飢え渇いて行き倒れた。
風雨に曝されて暑さ寒さの中を突き進み、悪い毒気を吸って病気になり、死ぬ人が積み重なることもしばしばだった。
以前私の祖父のときに住んでいた村の人の一家は10のうち1もなく、私の父のときに住んでいた村の人の一家は10のうち2,3もない。
私のときから十二年住んでいる一家は、10のうち4,5ほどしか残っていない。もし死ななければ引っ越してしまう。
しかし私は蛇を捕らえることによって生き残っている。
暴力的な役人が私の村に来てあちらこちらで大声で叫び荒らし回り、その騒がしさには鶏は犬でさえ心を落ち着かせることが出来ない。
私はびくびくして起き上がるが、ツボの中にまだ蛇が居ればのんびりして寝ることができる、
丁寧に蛇を育てて、時がきたら献上する。
家に帰ってこの地でとれた産物をたくさん食べて、そして私の寿命を終えるのだ。
思うに一年で死の危険を二回冒したら、残りの間はゆっくり楽しめる。
どうして私には回りの人々のように毎日これ(=税金をとりたてられる苦しみ)があるだろうか。
今ここで死んだとしても私の周りの人々の死に比べればもう既に後れているのだ。
また、どうして自分からすすんで悪いことだとするだろうか。」
私は聴いてますます悲しんだ。
孔子が
「圧政は虎より残酷なものである」
と言ったが、私は以前この言葉を疑っていた、
今、蒋氏の話をもってこの言葉を考えてみるとやはり信じることができる。
ああ誰が税金をとりたてる亥が毒蛇よりもひどいものであることを知っているだろうか。誰も知らない。
(ここに意味不明かつ途中で途切れてる訳がノートに書いてある。もしかしたらここにもう1文訳が入るかも。)
それゆえこの話を書いてそして人々の民情を観察する人(=皇帝、政治を行なう人)が手に入れるのを待つことにしよう。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|